防弾少年団、カムバックを控えて「米ビルボード200」で172位を記録


グループ防弾少年団がカムバックを控えて、ビルボードのメインアルバムチャートで逆走する底力を見せた。

1月22日(現地時間)、米ビルボードが発表した最新チャートによると昨年4月防弾少年団が発売した『MAP OF THE SOUL:PERSONA』は「ビルボード200」で172位を記録した。

これは先週、記録した176位から少し上昇した順位でニューフルアルバムの発売を控えた現在までも冷めない人気を見せてくれている。このアルバムは4月27日付けの「ビルボード200」で1位に初めてなってから22回連続、通算34度目のチャートインとして名を挙げた。

また『MAP OF THE SOUL:PERSONA』は「ワールドアルバム」1位、「インディペンデントアルバム」18位、「トップカレントアルバム」21位、「トップアルバムセールス」30位など各種のチャートで上位にランクインし、特別な存在感を示している。

以外にも防弾少年団は「ソーシャル50」で132週連続トップの座を守った。計162度目の1位という独自の最長記録を維持し、ビルボード史上最多1位の記録を目前に控えている。

一方、防弾少年団は2月21日に4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』を発売する。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-01-23 10:48:56