キム・ホヨン、わいせつ疑惑「嫌疑なし」 相手を名誉棄損で告訴


俳優キム・ホヨンがわいせつ疑惑について嫌疑なしの処分を受けた。

28日午前、PLKエンターテイメントの関係者はMKスポーツに「嫌疑なしの処分を受けた。現在、告訴人Aさんに対して名誉毀損と誣告罪で告訴を進行中」と伝えた。

警察は告訴状受理から2カ月後に事件を嫌疑なしで処理して不起訴意見で検察に送致した。

告訴人Aさんは昨年9月24日、車内でキム・ホヨンが自分にわいせつしたと主張した。

当時、キム・ホヨンは提訴された事実は認めたが、わいせつは事実ではないという立場を明らかにした。これと共にAさんを名誉毀損と誣告の疑いで告訴した。

一方、警察はキム・ホヨンのわいせつ疑惑について嫌疑なしで結論を下した中で、Aさんに対する追加調査を続けていく予定だ。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ナヨン記者
  • 入力 2020-01-28 10:11:17