Apink、ネット上の誹謗中傷&性的嫌がらせに法的対応「激しい精神的被害」


グループApinkが悪質なネットユーザーに対する強力な法的対応を予告した。

Apinkの所属事務所PlayMエンターテイメント側は27日、公式SNSとファンカフェを通じて「所属アーティストApinkへの人身攻撃、性的嫌がらせ、虚偽事実の流布など、オンライン上に悪質な投稿を行った人物に対して法的対応を進行する予定だ」と明らかにした。

所属事務所は「最近、特定のネットユーザーの悪質な行為によりアーティストだけでなく家族、周辺の知人まで激しい精神的被害を被っている」とし、「法務法人に法的検討を依頼し、刑事告訴など強硬対応を続ける予定」と伝え、強力な法的対応を示唆した。

続いて「所属アーティストたちと関連したオンライン上の悪質な投稿への自己モニタリングと法的検討および対応を続ける」と所属アーティストたちの権益を保護するための強力な処置を続けていくことを明らかにした。


以下はPlayMエンターテイメント側の公式立場全文

こんにちは。PlayMエンターテイメントです。

当社は所属アーティストApinkへの人身攻撃、性的嫌がらせ、虚偽事実の流布など、オンライン上に悪質な投稿を行った人物に対して法的対応を行う予定であることをお知らせします。

最近、特定のネットユーザーの悪質な行為によりアーティストだけでなく家族、周辺の知人まで激しい精神的被害を受けています。

これに当社はこれまでモニタリングを通じて採証資料を収集して法務法人に法的検討を依頼し、以後、刑事告訴など強硬対応を続ける予定です。

先立ってお知らせしたように弊社はApinkをはじめとする所属アーティストと関連したオンライン上の悪質な投稿への自己モニタリングと法的検討および対応を続けていきます。

今後も所属アーティストの権益保護のために最善を尽くします。ありがとうございます。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-01-28 10:27:30