(G)I-DLE、初のワールドツアー開催「全世界32の都市でファンと出会う」


(G)I-DLEが、初のワールドツアーを全世界32の都市で開催する。

(G)I-DLEは、28日の午後11時に公式SNSチャンネルを通じて初のワールドツアー『2020(G)I-DLE WORLD TOUR~I-LAND:WHO AM I~』のポスターを公開し、全世界32の都市でワールドツアーを開催することを発表した。

公開されたポスターには『2020(G)I-DLE WORLD TOUR~I-LAND:WHO AM I~』というタイトルと、各都市別のコンサート日程とともに、赤い旗の前でカリスマ性を発揮している(G)I-DLEの姿が盛り込まれている。

日程は、4月4日のバンコクを皮切りに、シアトル、サンホセ、ロサンゼルス、フェニックス、ヒューストン、アトランタ、ローリー、ワシントンD.C、フィラデルフィア・フィリーズ、モントクレア、ボストン、トロント、シカゴ、ダラス、モンテレイ、メキシコシティ、モスクワ、アムステルダム、パリ、ベルリン、ロンドン、マドリード、メルボルン、シドニー、マニラ、マカオ、クアラルンプール、台北、ジャカルタ、日本に至るまで全世界31つの都市をツアーした後、ソウルで初のワールドツアーの最後を飾る予定だ。

(G)I-DLEは昨年、2ndミニアルバム『I made』のタイトル曲『Senorita』と、デジタルシングル『Uh-Oh』を相次いでヒットさせ、韓国内外のファンから愛された。また、昨年10月に放送が終了したケーブルテレビのMnet『Queendom』で、強烈なパフォーマンスと個性的なコンセプトを見せながら毎回、レジェンドを更新して好評を得た。ファイナルカムバックシングル『LION』で韓国内の音源サイトの逆走行はもちろん、米国ビルボード「ワールドデジタルソングセールス」チャートで4週連続チャートインを記録している。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-01-29 08:52:58