ソン・ヘギョ&ソ・ギョンドク教授がブルックリン美術館にハングルの案内書を寄贈


女優ソン・ヘギョとソ・ギョンドク(徐敬徳)教授がニューヨークのブルックリン美術館にハングルの案内書を寄贈した。

全世界の有名美術館や博物館に韓国語の案内書を地道に寄贈してきた女優のソン・ヘギョとソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大学教授が今回はニューヨークのブルックリン美術館に提供したと7日、明らかにした。

今回の案内書には美術館に関する全般的な話、楽しみ、利用方法などを詳しく紹介しており、各階を代表する展示物についての紹介を案内図とともに詳しく説明している。

ソ・ギョンドク教授は「2月中旬から韓国語の案内書を提供することになり、韓国人観覧客はチケットボックスの前に並べられている韓国語の案内書を無料で使用できるようになった」と明らかにした。

ソ・ギョンドク教授は「2020年冬季シーズンの展示物に対する韓国語の案内書を皮切りに、今後シーズンごとに展示物が変わるたびに地道に韓国語の案内書を提供していく計画だ」と付け加えた。

特にソ・ギョンドク教授は「最近ニューヨークで人気の場所であるウィリアムズバーグやダンボ地域の近くにあるため美術館を訪れる韓国人観覧客には便宜を提供でき、外国人観覧客にはハングルを知らせる良いきっかけになるだろう」と説明した。

今までソン・ヘギョとソ・ギョンドク教授は、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、アメリカ自然史博物館、カナダのトロントにあるロイヤルオンタイル博物館(ROM)などにも韓国語のサービスを提供し、ボストン美術館には韓国室内のビデオ案内ボックスを寄贈するなど、これまで計7か所に支援した。

ソ・ギョンドク教授とソン・ヘギョは米州地域を超え、ヨーロッパや他都市の有名美術館や博物館にも今後、地道に韓国語サービスを寄贈していく計画だ。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2020-02-07 11:56:31