キム・ソンウン、第3子出産「胎教できなくてごめんね」


女優のキム・ソンウンが第3子となる息子を出産した後、愛情を示した。

キム・ソンウンは6日、自分のインスタグラムに「今日がヨミ(第3子)の予定日だ」と「妊娠中、急に問題のなかった子宮頸部の長さが短くなったが、幸いヨミが頑張ってくれた。37週の時に私の体がとても大変でヨミに早く出てきてほしいと頼んだら38週4日目に生まれた」というコメントとともに、1枚の写真を投稿した。

公開された写真は産後養生院で撮影したもので、予定日より早く生まれた第3子を歓迎する「Welcome Yomi(ようこそヨミ)」の文字が書かれた風船が置かれている。

続いて「気まぐれなママのせいでヨミがお腹の中で大変だったでしょうに。妊娠期間中、テハとユンナ、ママの体を大事にするのに必死でヨミは後回しにして、まともに胎教もできなかった」とし「急にヨミに申し訳ない気持ちになり涙が出そうだ」と心境を吐露した。

キム・ソンウンは「これからはヨミだけに集中するわ。ヨミが健康で幸せになれるなら」と意気込みを明らかにした。

写真を見たネットユーザーは「子だくさんのママ、おめでとうございます」、「子どもたちと幸せな家庭を応援します」、「第3子の息子は、とても可愛いでしょう」など、様々な反応を見せた。

キム・ソンウンは2009年サッカー選手のチョン・ジョグクと結婚、先月27日に第3子の息子を出産し、息子2人と娘1人の母親になった。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ キム・ヘユンインターン記者
  • 入力 2020-02-07 13:28:16