パク・ジンジュ「サイコだけど大丈夫」出演確定 キム・スヒョンと共演


パク・ジンジュが『サイコだけど大丈夫』に出演する。

13日、複数の芸能関係者によるとパク・ジンジュはtvNの新しいドラマ『サイコだけど大丈夫』に合流する。

『サイコだけど大丈夫』は手に余る人生の重さにより恋愛を拒む精神病棟保護士と生まれながらの欠陥により愛の感情が分からない童話作家、2人が出会ってお互いの傷を抱きしめて治癒していくファンタジー童話のようなヒーリングロマンスだ。

『サイコだけど大丈夫』は昨年除隊したキム・スヒョンのドラマ復帰作だ。キム・スヒョンは男性主人公である精神病棟の保護士ムン・ガンテ役での出演を確定した。

ソ・イェジは人気児童文学作家、反社会的人格障害(ASPD)を患うコ・ムンヨン役を引き受けた。パク・ジンジュは出版社の職員スンジェ役を引き受け、キム・スヒョン、ソ・イェジと呼吸を合わせる。

『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』を執筆した静か作家と『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~』、『ボーイフレンド』を演出したパク・シヌ監督が意気投合した。

パク・ジンジュはドラマ『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~』、『ひと夏の奇跡~waiting for you』、『あなたが眠っている間に』から映画『サニー 永遠の仲間たち』、『ときめき♥プリンセス婚活記』、『国家が破産する日』などを通じて、個性の強い演技を見せ、多くの愛を受けた。ミュージカル映画『英雄』の公開を控えている。

一方、tvN『サイコだけど大丈夫』は上半期に放送予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-02-13 09:06:34