ユン・ジョンシン、米国でチョン・ミラ&子どもたちと再会


米国で音楽プロジェクトを進めている歌手のユン・ジョンシンが久し振りに家族と再会した。

13日、ユン・ジョンシンの妻である元テニス選手チョン・ミラは、自分のInstagramに「他の人たちには当然のことが私には当たり前じゃないかもしれないし、私にはとても平凡なことが他の人たちには特別なことってあるでしょう。人生には目安ってないですね」から始まる長文とともに、家族旅行の写真を掲載した。

チョン・ミラは「幸せそうな姿を見ているだけで、幸せになれると思った時間」とし、「私たち家族には、このような時間がなかったから、ラララ(ライク、ライム、ラオ)はこの状況が嬉しくてたまらないみたい。おそらくラララには、お父さんと寝て起きて食べて遊びながら過ごしたこの数日間が、一番大きな思い出になりそうです」とユン・ジョンシンと家族が一緒に過ごした時間を思い浮かべた。

最後に、チョン・ミラは「どんなことでも満足とか、すべて不満足なことはないでしょう。いつも過ぎてみれば、一長一短があるもの。このような時間が与えられたことに感謝します。数日前のディズニーランド」と付け加えた。

公開された写真の中のユン・ジョンシンは、米国で妻と3人の子どもたちに再会し、遊園地で楽しく過ごしている。しばらく離れて暮らしていた父親に会って一緒に過ごすのが楽しいらしく、子どもたちは明るい表情をしている。ユン・ジョンシンも幸せそうな笑顔を浮かべ忘れられない思い出を作っている。

ユン・ジョンシンは昨年11月、韓国で出演中の番組を全て降りて音楽に集中するため海外へ移住して音楽創作活動をする「異邦人プロジェクト」を進めている。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ インターン記者
  • 入力 2020-02-13 10:44:00