青壮年層のA型肝炎注意報…今年の新規感染者2096人に


青壮年層の健康を脅かすA型肝炎の患者が急増している。

今年に入って新たにA型肝炎と診断を受けた患者数が、すでに昨年の半分の水準に迫ったことが分かった。

疾病管理本部によると、今年に入ってA型肝炎判定を受けた患者は2096人だ。これは、昨年に発生した全A型肝炎の患者の約45%に相当する数値だ。過去1~3月に400人以上ずつの患者が発生し、4月には522人に増えて5月に入っても289人が新たに診断を受けた。2014年に1307人、2015年には1804人だったA型肝炎の新規患者は2016年4679人に急増した。

これに疾病管理本部は、今年上半期に特に注意しなければならない10代の感染症の1つとしてA型肝炎も挙げた。
  • 毎日経済 ホ・ソユン記者 / 写真=photopark.com
  • 入力 2017-05-19 05:01:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • dewytree
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア