今年の夏休暇の人気旅行地は「短距離」が強勢


今年の夏、最も人気のある旅行先は東南アジアや日本などの「短距離旅行地」が強勢を見せたことが分かった。

旅行コンテンツ企業ツアーティップスが9日、先月3日から31日まで自社の顧客を対象に「最も行きたい夏の休暇地」の投票を行った結果、上位5つの都市の中で東南アジアと日本の割合がなんと80%に達した。

1万2759回の参加(重複参加可能)で行われた今回の投票で最も多くの選択肢を受けた上位7つの都市は、▲シンガポール(20.4%)▲タイ・バンコク(14.8%)▲グアム(13.7%)▲フィリピン・ボラカイ島(10.9%)▲大阪(8.2%)▲済州(5.8%)▲香港(5.7%)の順となった。

ツアーティップスは夏休みシーズンを迎え、来る20日まで海外のチケット・ツアー商品の予約時に5%の割引を提供するイベントを進行中だ。また今月1か月間、休暇旅行者たちのダイエットを応援するためにチケット・ツアーの購入時に鶏の胸肉を贈呈する。
  • 毎日経済 デジタルニュース局 チョ・ソンシン記者 / 写真=ツアーティップス
  • 入力 2017-08-11 09:00:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア