娘の友人殺害の「奥歯パパ」…基礎生活受給者でありながら「豪華生活」


女子中学生の娘の友人Aさんを殺害して遺棄した容疑を受けている「オグムニアッパ(奥歯パパ)」ことイ・ヨンハク氏が、高価な輸入車を運転するなど豪華生活をしながら基礎生活受給者の恩恵まで享受していたことが明らかになった。

あるメディアによると12日、イ氏の隣人らはイ氏が高価な輸入車をはじめ、何台もの車両を運転していたと話した。町内の住民はインタビューで、「この車が変わり、あの車が変わり、外車を乗り回していた。昨日はエクウスリムジンに乗っていた」と伝えた。

イ氏は200万ウォンの子犬を売買した情況で、亡くなった夫人の全身に刻まれたタトゥー費用も数千万ウォンに達するものと推定される。

それにも関わらず、イ氏は2007年から基礎生活受給者に指定され、毎月にかけて生活給与109万ウォンと障害手当などを含めて160万ウォンを受領していた。

イ氏は2000cc未満の車両が財産算定基準から除外される制度の「穴」を利用した。障害等級を受けたイ氏は、自分の名義で登録された輸入車の排気量が2000cc未満であるため基礎生活受給者の身分を維持することができた。イ氏は輸入車を含め、合計3台の車を所有していたという。
  • MBN ニュースセンター / 写真=MBN放送画面キャプチャー
  • 入力 2017-10-12 15:50:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




    • question
    • question
    • mottomottokorea.com
    • dewytree
      • facebook icon
      • google icon
      • twetter icon
      • RSSFeed icon
      • もっと! コリア