70代女性が3年間育てた土佐犬に噛まれて死亡


3年間飼っていた土佐犬に飼い主が噛まれて死亡する事故が発生した。

13日、警察によると12日午後1時13分頃、慶尚北道尚州市の住宅で飼い主(74・女)が飼育していた犬に噛まれて死亡した。

飼い主の息子が昼食時に家に来て食事をしていたとき、母親の悲鳴を聞いて飛び出したが、母親が犬小屋で飼っていた4歳の土佐犬に噛まれていた。

警察と消防署は現場に出動して麻酔銃で土佐犬を撃ち、飼い主を飼育場の外に連れ出したが飼い主は重傷を負い死亡した。
  • 毎日経済 デジタルニュース局
  • 入力 2018-03-13 09:45:49.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved