韓電大田原子力燃料所で作業中に爆発


16日午後2時22分頃、大田市儒城区の韓電原子力燃料部品棟1階にあるレーザ溶接室で、集塵(ダスト・ガスを集める施設)設備を増設する過程で爆発事故が発生した。この事故で3人が大きく傷つくなど、計6人が病院に移送された。このうち3人は2度の火傷を負い、負傷の程度が深刻だが、一つの命には支障がないものと伝えられた。爆発後の火災につながるはないことがわかった。幸いなことに懸念されていた放射能区域ではなく、放射能被曝の被害はないと思われる。

今回の爆発は集塵装置を増設する過程で、作業員はが部品棟内の支持格子を作るレーザー溶接を行って発生した。溶接作業を行って生じる「ヒューム」を集める施設を増設していたなかで、管を切断する際に火花が管の中にあったヒュームと反応し、爆発したことが分かった。

韓電原子力燃料の関係者は、「溶接時に発生するガスなどを集めて保存する場所に送る管があり、その管を切断する作業中に爆発事故が起こった」とし、「溶接をするときに引火物質であるヒュームが発生し、これに火花が飛んで爆発したものと把握された」と説明した。

この関係者は続けて「爆発が起きた場所は核燃料であるウランなど、放射性物質とは関連がない施設」だとし、「事故直後に放射線測定を行ったところ、自然放射線レベルだと確認された」と付け加えた。大田消防本部も事故直後に放射線レベルを測定した結果は100nSv / hと出て、通常のレベルであることを確認した。韓電原子力燃料は軽水炉と重水炉用の核燃料を生産している。消防当局の関係者は、「現在までに死者はなく、6人が怪我をして近くの病院に運ばれており、正確な被害規模を把握している」と述べた。
  • 毎日経済_大田=チョ・ハンピル記者
  • 入力 2018-05-16 17:09:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved