アシアナ航空の機内食供給業者の代表が遺体で発見


アシアナ航空の機内食騒動による被害が相次いで発生している。

去る2日、アシアナ航空の機内食供給業者の代表Aさんが遺体で発見された。

最近、機内食の供給業者を変更したアシアナ航空は、該当の業者の工場に予期せぬ火災が発生すると機内食の供給を他のパートナーに任せた。

しかし、変更された供給会社はアシアナ航空の膨大な機内食の供給量に合わせることができなかった。

結局、アシアナ航空の航空機に機内食が通常通りに供給されず、出発の遅延などが発生してアシアナ航空の機内食が話題になった。

これにより供給業者の一つであるF社の代表Aさんが心的負担を訴えたが、極端な選択をした。

該当のパートナー会社の代表と従業員は機内食の供給スケジュールを合わせるために数日間眠れずに準備し、圧迫感を経験したことが分かった。

死亡したAさんの関係者は「ストレスを訴えるAさんを慰めたが残念な選択をしたようだ」と痛ましい気持ちを伝えた。

アシアナ航空は「パートナー会社の代表Aさんの死亡は機内食騒動と直接の関連はない」との立場を伝えている状況だ。
  • シックニュース チョン・ジイェ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-07-03 07:48:00.0