アジア大会で金メダルのソン・フンミン、移籍金が1億ユーロ超え


ソン・フンミンの移籍金が1億ユーロを超えた。アジア競技大会での金メダルにより兵役免除の恩恵を受けたソン・フンミンの予想移籍金が初めて1億ユーロ以上となった。サッカーファンたちも当然だという反応だ。

国際スポーツ研究センター(CIES)サッカー研究所によると、10日(現地時間)基準のソソン・フンミンの移籍価値は1億230万ユーロだ。

国際スポーツ研究センターでは選手と所属チームの成績、年齢、ポジションなどを総合して移籍価値を算出している。

今回のソン・フンミンの移籍価値はこれまでの分析の中で最高額だ。

ソン・フンミンが2015年にドイツ・ブンデスリーガのレバークーゼンからイングランド・プレミアリーグのトッテナムに移籍金3000万ユーロで移籍したのと比べると、3倍以上に急騰した。

何よりも最大変数であった兵役問題が2018アジア競技大会で金メダルを獲得したことにより解決され、ソン・フンミンが着実に良い成績を出し続ければ、移籍金はさらに上昇すると予想される。
  • MBNスター 大衆文化部 / 写真=MKスポーツ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-09-11 12:01:00