韓国でタクシーが24時間スト、午後には光化門で集会


カカオの相乗り事業進出に反発して一部のタクシー運転手が今日(18日)一日運行を中断し、大きな混雑が予想される。

普段タクシーに乗って移動する人がバスと地下鉄に集中する場合、適時に乗車できないなどの問題が発生し、自家用車を運転する人が増えれば道路のあちこちでの交通渋滞も予想される。

韓国のタクシー業界は運転手の昼夜間の交代勤務が始まるこの日の午前4時から翌日の午前4時までの24時間、全国でタクシーの運行を中断する。運行中断には個人タクシーの運転手はもちろん、法人タクシーの運転手も参加する予定だ。

タクシー業界はカカオモビリティがドライバー向けの相乗りアプリケーションをリリースしてドライバーを募集し始めると、強く反発している。

相乗りサービスが導入されれば、タクシー運転手の生存権が脅かされるという主張だ。

一方、カカオ側はタクシー業界と共存できるサービスになると、事業を撤回する計画はないとの立場を明らかにた。

この日の午後2時からは光化門広場で「タクシー生存権死守決議大会」も行われる。

全国タクシー労働組合連盟・全国民主タクシー労働組合連盟・全国個人タクシー運送事業組合連合会・全国タクシー運送事業組合連合会が参加する。

主催側は集会に最低3万~最大5万人のタクシー業界従事者が全国から集まることを予想している。このうち、法人タクシー所属の運転手が1万~2万人、個人タクシーの運転手が2万~3万人ほど集会参加のために運行を中止すると予測した。

  • MBNオンラインニュースチーム / 写真=MBN放送画面キャプチャ | (C) mk.co.kr
  • 入力 2018-10-18 07:13:00