米中間選挙…史上初で韓国系米下院議員が誕生


  • アンディ・キム氏(左)とヤング・キム氏


7日(現地時間)、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアでアンディ・キム氏が選挙の勝利を宣言し、感想を述べている。右の写真はカリフォルニア州連邦下院議員ヤング・キム当選者。 [写真提供= CBSのTwitterからキャプチャ]

米国の中間選挙で韓国系の下院議員が2人誕生する見通しだ。韓国系の連邦議員が誕生するのは20年ぶりのことであるうえに、同時に2人も出てくることが有力視されて、米国の韓国人社会が歓呼している。

7日(現地時間)、米国現地のマスメディアによると中間選挙の結果、ニュージャージー州第3選挙区の連邦下院議員に出馬した韓国人2世のアンディ・キム民主党候補(36)は、接戦の末に勝利することが有力視される。 CNNによると、99%の開票が行われたた結果、アンディ・キム氏は49.8%で相手候補を0.9%ポイント上回った。郵便投票の結果が残っているが、当選が有力だ。

前日はカリフォルニア州第39選挙区連邦下院議員に挑戦した韓国人1.5世のヤング・キム共和党候補者(韓国名チェ・ヨンオク、56)が史上初の韓国人女性連邦議員に当選したというニュースが伝えられたことに続いて、一日ぶりに韓国人社会に当選情報が追加されたわけだ。二人は1998年のキム・チャンヂュン前下院議員(79、共和党、カリフォルニア州)の3選当選以来で、韓国系では2番目に連邦議会に進出することになる。

ポリティコによるとこの日、アンディ・キム氏はペンシルベニア州フィラデルフィアのマウントローレルで支持者らと会って「私たちは大きな勝利を作った。勝ったという知らせを伝えることができて感謝し誇りに思う」と語った。事実上の勝利宣言だ。彼は「家族や社会のためにワシントンで声を出すつもり」だとし、「米国が非常に重要な岐路に立った状況で、党派主義と分裂を超えた新世代の政治家として、米国のために一歩ずつ進むつもり」だと抱負を明らかにした。

現役議員のトム・マッカーサー共和党候補者(58)との対決で、アンディ・キム氏は民主党の有望株だ。バラク・オバマ大統領とバイデン前副大統領の全面的な支持を受けてきた。アンディ・キム氏はアフガニスタン駐留のNATO軍司令部で働いたキャリアを生かして、オバマ政権時代にホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のイラク担当局長を務め、たしIS(イスラム教徒の国)担当補佐官も務めた。

一方、先にカリフォルニア州で勝戦譜を上げたヤング・キム氏は民主党の政敵である共和党所属だ。カリフォルニア州は「民主党の庭」で通じる。ヤング・キム氏はアンディ・キム氏とは異なり、「オバマケア」に反対する立場だが、双方ともに韓国人出身として韓国と米国のあいだの関係を固める役割を果たすものと見られる。
  • 毎日経済_キム・イノ記者
  • 入力 2018-11-08 17:54:48.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved