仁川・永宗島、韓国版「ラスベガス」に…2.8兆投資

5つ星ホテルとテーマパーク 


グローバル映画会社のパラマウントピクチャーズのテーマパークとともに5つ星ホテル、外国人専用のカジノ施設を備えた「インスパイア複合エンターテイメントリゾート(IR)」が来年、仁川国際空港国際業務地区(IBC)Ⅲ地域で建設が始まる。インスパイア複合リゾートの加勢で、仁川の永宗島(ヨンヂョンド)は国内最大の複合リゾート「パラダイスシティ」と、外資系の「シーザーズコリア」「インスパイア」が居を構える韓国版ラスベガスMICE(Meeting・Incentives・Convention・Exhibition)タウンに変貌する見通しだ。

仁川国際空港公社は6日、グランドハイアット仁川ホテルでインスパイアインテグレーテッド・リゾート(Inspire Integrated Resort)、パラマウントピクチャーズ(Paramount Pictures)と「仁川空港複合リゾート開発のための協力約定書」を締結し、インスパイア複合リゾートの成功裏のオープンのために相互協力することに合意したと明らかにした。

インスパイア社は米国東部最大のカジノリゾート運営企業のMGE(Mohegan Gaming Entertainment)が100%出資した特殊目的法人で、仁川空港のIBC-Ⅲ地域にテーマパークやリゾート施設を備えたインスパイア複合リゾートの開発を進めている。

「ミッションインポッシブル」シリーズと「スター・トレック」シリーズなど、世界的なヒット作を保有しているパラマウント社は今回の協約を通じて、インスパイア複合リゾート団地内に造成されるパラマウントのテーマパークに総1兆2000億ウォンを投資して、グローバルな興行作を土台にしたさまざまなコンテンツと施設を披露するという構想だ。

鄭日永(チョン・イリョン)仁川国際空港公社社長は、「インスパイアとパラマウントピクチャーズは、グローバルな競争力を備えた世界的なクラスのテーマパークと複合リゾートをすばやくオープンする方針」だとし、「永宗島に国産の複合リゾートパラダイスシティとインスパイア、シーザーズ・コリアなどの世界的な規模の3つの複合リゾートが一度にできることになり、名実共に韓国版ラスベガスに跳躍した」と強調した。

仁川国際空港公社は2016年8月にインスパイアと実施協約を締結し、仁川空港IBC-Ⅲ地域にの437万平方メートルの敷地に韓国型複合リゾートである「インスパイア複合リゾート」の開発を進めている。 5つ星の最高級ホテルとファミリーホテルなどの宿泊施設1256室、1万5000席規模のアリーナ(多目的会場)施設、屋内テーマパーク、コンベンション、外国人専用のカジノなど、国内最大規模のエンターテイメント空間だ。インスパイアは2兆8000億ウォンをかけて来年に着工に入った後、2021年末までに完了して2022年6月にオープンする計画を立てている。

仁川国際空港公社は、仁川空港にインスパイアリゾートを中心とした新規の観光クラスターを構築し、1万人以上の良質の雇用創出と年間300万人以上の新規の外国人観光客、60万人以上の乗り換え客を誘致するなど、国内観光産業の量的・質的成長を牽引するという腹案だ。

2年前の複合リゾート事業者の選定後、本格的な着工のニュースが聞こえ、永宗島の住民も喜んでいる。シン・ギデさん(33)は、「永宗島には世界1位の空港である仁川空港があり、陸と2つの橋でつながっているが、娯楽施設や病院などの都市インフラが不足して定住条件が不足していたのも事実」だとし、「国内最大規模の複合リゾートが建設されると家族とリラックスする空間ができ、ミニグローバル都市として発展するために大きな助けになるだろう」と期待感を示した。新空港不動産代表のチュ・ミンブ公認仲介士(56)は、「不動産景気の後退局面で、複合リゾートが本格的に着工されると労働者が大挙してやってきて、地域の建設景気の雰囲気が変わるようだ」とし、「特に複合リゾートが完成すれば永宗島中核施設になって、不動産景気の活性化にも役立つと期待される」と述べた。

シーザーズコリアのリュ・ギウク対外協力担当取締役は、「世界的な規模の複合リゾート3社が一堂に集まったということ自体がすごいこと」だとし、「これから永宗島は韓・中・日の観光大戦でMICE産業を先取りすると同時に、シンガポールやマカオ、ラスベガスなどの世界的な観光都市と肩をならべる世界の観光都市として発展できるようになった」と評価した。
  • 毎日経済_永宗島=シン・イクス旅行専門記者/チ・ホング記者
  • 入力 2018-12-06 18:15:29.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved