日本哨戒機の接近「明白な挑発行為」…韓国国防部


日本の海上自衛隊の哨戒機が23日、再び韓国海軍の艦艇に向かって低空脅威飛行を行った。国防部は「明白な挑発行為」だとし、「日本の底意を疑わじにはおれないし、繰り返される場合の対応行動守則に基づいて強力に対応していく」と述べた。国防部によると、日本の海上哨戒機は23日午後2時03分頃、韓国海軍の駆逐艦である大祚栄艦から540メートル離れたイオド(イオド離於島)近隣の海上で、付近の海上を高度60〜70メートルの低高度で近接脅威飛行を行った。先月20日、日本の哨戒機が脅威飛行を行っていた高さは150メートルだった。

脅威の強度がはるかに強くなったのわけだ。徐旭(ソ・ウク)合同参謀本部作戦本部長はこの日、国防部の立場を発表して、「日本の哨戒機の低高度近接飛行を明らか挑発行為とみなす」とし、「このような事実に対して日本政府に明確に再発防止を要請したにもかかわらず、近接脅威飛行を行ったので、日本の底意を疑わずにはおれないことから強力に糾弾する」と批判した。

国防部は「再びこのような行為が繰り返された場合、韓国軍の対応行動守則にしたがって強力に対応していく」と述べた。

軍関係者は、「大祚栄艦から接近する日本哨戒機に向けて、経路を離脱脱せよ、それ以上接近すると自衛権的な措置を取ると数十回の警告通信を行った」とし、「しかし日本哨戒機は答えずに飛び続けた」と説明した。国防部は今年1月18日と22日にも、日本の哨戒機が韓国海軍の艦艇に対する近接脅威飛行を行ったと発表した。軍関係者は「18日と22日にあった低空飛行は、わが国の海軍艦艇との距離も少し離れていたし、飛行パターンも意図性を確認するには曖昧だった」と説明した。
  • 毎日経済_アン・ドウォン記者
  • 入力 2019-01-23 17:53:37.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved