キム・ヨナ、江原道の山火事被災者のため5000万ウォンを寄付


「フィギュアの女王」キム・ヨナ(29)が山火事被害に見舞われた江原道のための暖かい寄付リレーに参加した。

キム・ヨナは9日午前、希望ブリッジ全国災害救援協会を通じて韓国江原道の高城郡、束草市、江陵市などで発生した山火事被害の復旧と被災者の支援に使ってほしいと5000万ウォンを寄付した。キム・ヨナは早い被害からの早い復旧を願い、少しでも被災者の力になれたらという願いを伝えた。

ユニセフの高額後援者の集まりであるユニセフオナーズの会員として寄付文化拡散にも主導的な役割を果たしてきたキム・ヨナは、ユニセフ韓国委員会が子どものために繰り広げるさまざまな後援キャンペーンにも参加して大衆の寄付参加を導いている。

2010年、ユニセフ国際親善大使になった後、2013年世界選手権の優勝賞金を全額寄付するなど着実に寄付を実践してきたキム・ヨナは昨年末、スペインで開かれたアイスショー「レボリューション・オン・アイス」の出演料全額をユニセフに寄付している。

キム・ヨナの後援金は2019年3月に発生したサイクロンで大きな被害を受けたアフリカ南部のモザンビーク、ジンバブエ、マラウイの被災児童に安全な飲料水を供給して衛生環境を改善するために使われる予定だ。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ファン・ソクジョ記者 / 写真=MKスポーツDB | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-09 12:18:37.0