大韓民国は「木曜病」を患う…「大韓民国幸福レポート」


  • ソウル大学のチェ・インチョル心理学教授が、「大韓民国幸福レポート…」の研究結果を発表している。



「大韓民国の国民に最も不幸な日は月曜日ではなく木曜日でした。月~水曜日のルーチンにバーンアウトを経験するでしょう。月曜病は日曜日から始まり、日曜日のストレスは木曜日と同じくらい高かった。面白いのは、曜日別の偏差は20・30代で最も大きくて、50代以上はほとんどありませんでした」

「大韓民国の幸福主治医」を自任したソウル大心理学科のチェ・インチョル教授の診断だ。ビッグデータを見てみると「私たちの幸せな時間」は予想とは全く違う姿だった。

9日、ソウル市鍾路区の Vertex Korea(バーテックスコリア)でソウル大幸福研究センターとカカオの「カッツカヂャ(一緒に行こう)」チームが「大韓民国幸福レポート2019 ABOUT H」(21世紀ブックス社発行)を出版し、記者懇談会を開いた。研究を率いたチェ教授と8人の研究チームは昨年、韓国人がどれだけ幸せだったのか、どんな日に笑ってどんな日に泣いたのかを「探針(プローブ)」した研究結果を発表した。

カカオは2017年9月、韓国人の幸せ感をリアルタイムで測定するための「心の天気」プラットフォームを作り、これを土台に研究チームは「アンニョン指数」を考案した。

チェ教授は「このように多くの国民の幸福データを集めた試みは、世界で初めてのもの」だと説明した。

この本は2018年の1月から12月までの一年間に、104万人が重複して行った227万件あまりの回答を分析した。女性が80万人と男性が23万人で、世帯別にも20代の46.6%から60代以上は0.5%だけが参与して、標本にはばらつきがあったが、研究チームは「200万件を超える膨大なデータが収集されたために、統計的には有意な結果が出た」と説明した。


研究チームは10点満点の尺度で幸福を点数化した「アンニョン指数」を考案したが、韓国の平均指数は5.18点だった。 4~6点の応答が60%で、国民は「ふつう」程度の幸福感を感じていることになる。一年の中で愉快な日は345日で不快な日は20日だったし、ストレススコアは6.34点で、かなりのレベルのストレスの中に暮らしていることが分かった。

世代別に描いた「アンニョン指数」は、明確なU字型だった。 10代は5.75点だったし、20代も5.06点で最低値を記録した。 30代5.12点、40代5.33点、50代5.66点と緩やかに上昇し、60代が6.03点で最も幸せだという応答を示した。男性の平均は5.55点と女性の平均は5.22点で、女性の幸福度が低かった。

チェ教授は「2030世代の幸福と自尊心などが最低を記録したのは痛恨のポイントだ。特に女性の幸せ度が低く、さらに女性に優しい社会になる必要がある」と語った。

地域別の幸せ地図も描くことができた。世宗市は5.58点で全国1位を記録し、仁川市とソウル市はそれぞれ5.21点と5.25点でならんで最下位になった。目を引いたのは、海外居住者の幸福スコアだった。女性は2位に上がったが、男性は最下位を記録した。

チェ教授は、「世宗市を注視する必要がある。世宗市に国民の幸福の秘訣があるかもしれない」と説明した。

国家的イベントがある日には、国民の幸福指数もジェットコースターに乗った。昨年で最も幸せだった日の第1位は振替休日を含めて3連休が始まった5月5日で、2位は平昌冬季オリンピック閉幕前日の2月24日、3位は平昌冬季オリンピックが開幕した翌日の2月10日がならんで上がり、平昌冬季オリンピックは「幸福オリンピック」だったことが分かった。最も不幸な日の第1位には2月5日があげられたが、2~3位には高い強度の不動産対策が発表された前後の9月12日と13日が順位に上がるという興味深い結果が出た。第4位は光復節の翌日であり、木曜日の8月16日だった。

南北首脳会談は1・2次の場合の平均値よりもはるかに高い幸福指数を記録したが、3回目の会談は平均よりも低かった。「スヌン(修学能力試験日)」の11月15日は平均よりも幸福指数が10代で10%、40代は5.5%、50代は2.4%とそれぞれ下落し、これらの世代には大変な日だったことが調査から分かった。

チェ教授は幸せの不平等にも注目した。チェ教授は「外国での生活の満足度と比較してみると、韓国でも北欧ほど満足度が高い人が4分の1程度だったが、アフリカの内戦国ほどに低い者も4分の1に達するほどで、不平等は大きい方だった」と批判した。また「幸せは個人の役割だと考えがちですが、社会的な変化が個人の幸福感に大きな影響を与えるということを研究を通じて確認した。政策を計画する際には国民の幸せを考慮することも重要な要素になる必要がある」と語った。
  • 毎日経済_キム・スルギ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-09 17:21:33