景福宮の夜間開場開始…26日から


文化財庁は景福宮の夜間特別観覧を4月26日から10月31日まで、まい月最後の2週間に進行する。

2019年の景福宮の夜間特別観覧は、「第5回宮廷文化祝典」開幕祭が開かれる26日から10月31日までの72日間のあいだ開催され、初日の26日は無料開場する。

しかし8月は夜間観覧を行わず、秋夕(チュソク)連休の9月12日〜15日には夜間に門を開ける。

夜間チケットは12日午後2時から「オークションチケット」と「インターパークチケット」で購入できる。
1日の最大観覧人員は4500人で、一般人はインターネットで前売りのみ可能。ただし満65歳以上のお年寄りは現場での購入と電話での予約、外国人は現場購入(電話での予約は不可)でのみチケットを購入できる。
  • 毎日経済デジタルニュース局_チェ・ソヂン研修記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-12 15:18:50.0