警察、パク・ユチョン氏を「出国禁止」

ファン・ハナ氏は検察へ送致 

グループJYJ兼俳優のパク・ユチョン氏が以前の恋人ファン・ハナ氏の麻薬投薬疑惑とは決して関連がないと明らかにした中で、警察が出国禁止措置を下した。ファン・ハナ氏は麻薬投薬疑惑で検察に送致された。

12日の午後放送されたSBS「8ニュース」では、南陽乳業創業者である洪斗永(ホン・ドゥヨン)会長の孫娘のファン・ハナ氏は麻薬投薬疑惑について起訴意見で検察に送致されたと報道した。ファン・ハナ氏は去る2015年にヒロポンを数回投薬し、昨年4月には向精神薬を違法服用した疑いを受けている。彼女は「社会的に物議を起こし、本当に申しわけありません」と心境を吐露した。

  • 警察はパク・ユチョンに出国禁止を下した。写真=チョン・ジョンファン記者



先だってファン・ハナ氏は警察の調査で、薬物を勧めて一緒に使用した「芸能人Aさん」がいると陳述した。ファン・ハナ氏の言う「芸能人Aさん」は、彼女の以前の恋人であるパク・ユチョン氏ではないかという疑惑が提起された中で、警察は補強捜査に乗り出した。

特にファン・ハナ氏がパク・ユチョン氏を共犯として指摘した事実が明らかになって、警察はパク・ユチョン氏との通話記録とCCTVを確保し、二人が一緒に麻薬を投薬したかの事実関係を確認している。あるいはまた、警察はパク・ユチョン氏に対する疑いを立証すべき客観的証拠をかなりの部分確保して、検察に渡したものと伝えられた。

さらに警察は万が一の事態に備えてパク・ユチョン氏を出国禁止にし、調査が終わりしだい警察に召喚するという方針だ。

  • 写真=チョン・ジョンファン記者



一方、パク・ユチョン氏はファン・ハナ氏の薬物捜査と関連し、「芸能人Aさん」として自部自身が取り上げられるやいなや、10日に緊急記者会見を開いて直接解明に乗り出した。パク氏はファン氏の薬物捜査で自分に言及した事実を知ることになったと、記者会見を開催した背景を説明した。

当時、パク・ユチョン氏は「私は決して薬を使っていない。ファン・ハナ氏が薬物捜査で芸能人を名指しして薬を勧められたという話をしたので、僕が誤解を受けることがありうるという考えた」と強く否定した。あわせて、今回のことで嫌疑が認められたなら自分の人生全体が否定されることであり、警察の調査に誠実にのぞむと訴えた。

パク・ユチョン氏は決して薬を使っていないという事実を強調し、俳優として再起の夢を見る状況でそんなことは想像もできないと話した。

ファン・ハナ氏とパク・ユチョン氏が尖鋭な真実攻防戦を繰り広げている中で、果たして今回の麻薬投薬疑惑に関する真実は何なのか注目される。
  • 毎経ドットコムMKスポーツ_シン・ヨンギョン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-13 10:15:51.0