パク・ユチョンの写真削除…SNSのメイン画面を変更


  • 写真| JYJ フェイスブックキャプチャ



ボーイズグループJYJの元メンバーで俳優のパク・ユチョン氏(33)の写真がJYJ公式SNSから削除された。

17日、JYJ公式フェイスブックのアカウントにはパク・ユチョンの姿が削除されており、キム・ジュンスとキム・ジェジュンの写真だけが残っている。プロフィール写真欄にもジェジュン(JAEJOONG)とジュンス(JUNSU)の二人の名前だけが記載されている。C-JeSエンターテインメントと去る4月24日に専属契約が解約なったことから、パク・ユチョンの写真を削除したものと思われる。

C-JeSエンターテイメントは当時、「パク・ユチョンの潔白主張を信じて捜査状況を見守っていたが、国立科学捜査院の検査結果が陽性反応と出たというニュースに接した。パク・ユチョンを信じて結果を待ったが、惨憺たる心境」だとし、「弊社はこれ以上パク・ユチョンと信頼関係を回復することはできないと判断した」と専属契約解約の事実を明らかにした。

しかしフェイスブックの公式アカウントにはまだ写真など、パク・ユチョンと関連する記事は残っている状況であり、公式サイトをはじめとしてウェイボなどのメイン写真も交換されなかった。

パク・ユチョンは今年の2~3月にもと恋人の南陽乳業創業者の孫のファン・ハナ氏(31)と一緒に3回にわたってヒロポン1.5gを購入し、このうちの一部を7回にわたってソウル市龍山区漢南洞のファン氏の事務所などで投薬した疑いを受けている。

先だって警察は麻薬投薬容疑で拘束されたファン・ハナに対する調査の過程で、パク・ユチョンと一緒に今年の初めに麻薬を投薬したという陳述を受けて捜査に着手した。パク・ユチョンは麻薬投薬疑惑が浮上するやいなや緊急記者会見を開き、容疑を否認した。

しかし国立科学捜査研究院の薬物反応検査の結果陽性反応が出たことに続いて、裁判所の拘束令状の発布で収監されるたことから、けっきょく先月29日にこれまで維持していた潔白主張を下げて容疑を認めた。検察は今月中にパク・ユチョンを裁判に渡す予定だ。
  • 毎日経済スタートゥデイ_キム・ソヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-17 09:28:00