「済州前夫殺人事件」…コ・ユジョン被疑者の身上公開決定



済州のペンションで元夫を殺害し遺体を遺棄した疑いを受けている被疑者のコ・ユジョン(36)氏の身の上が一般に公開された。

5日午前、済州地方警察庁は身上公開審議員会を開き、身上を公開することを決めた。この日の会議には警察官と弁護士、精神科医などの内・外部の議員7人が参加し、過半数以上の同意で身上公開が決定した。

身上公開委員会は身上の公開理由について、「被疑者の家族や周囲の者が受けることができる二次被害など、非公開事由に対しても十分に考慮した」とし、「しかし前の夫を殺害して遺体をひどく傷つけて遺棄するなど手法が残酷で、犯行の結果が大きいだけでなく拘束令状が発行されたし、犯行の道具も押収されるなどの証拠が十分な状況」だと説明した。

これによって警察の捜査事件などの公報に関する規則に基づいてコ氏の実名を公開し、メディアへの露出時にはマスクを被るなどの顔を覆う措置をしなくなる。顔は今後、現場検証や検察送検時自然に公開される予定だ。

コ氏は先月25日、済州市のあるペンションで息子と会うことにした被害者Aさん(36)を殺害し、遺体を毀損した後に少なくとも3ヶ所以上に遺棄した疑いを受けている。
  • 毎日経済デジタルニュース局_イ・ヨンソク研修記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-06-05 13:34:45.0