日「韓国は無礼」...靑「日が国際法違反」



日本の河野太郎外相が外交的な無礼を敢行してまでも、韓国に対する追加報復措置を警告した。青瓦台は日本側の主張に反論しながらも、外交的に問題を解決することが重要だとする優和なジェスチャーを見せた。

河野外相は19日、外務省で南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を招致した席で、ナム大使の言葉を途中で遮って「(韓国側の提案を日本が拒否したが)これを知らないふりをして、再び提案することは非常に失礼だ」と声を高めた。河野外相は引き続き、強制徴用の賠償に関連する仲裁委員会の構成に応じていないことに対する談話をひき出して「韓国が引き起こしたやっかいな両国関係と関連し、韓国に対する必要な措置を講ずるつもり」だと述べた。

具体的な措置の内容については明らかにしなかった。日本はさらなる措置の根拠として、強制徴用賠償判決で韓国がすでに韓・日請求権協定に違反した状態であり、仲裁委の構成拒否によってさらに協定に違反したという点をもち出した。仲裁委の構成に対する回答期限は18日だったが、政府は日本側が恣意的に設定した期限にすぎないと応じなかった。河野外相の談話に対して金鉉宗(キム・ヒョンヂョン)青瓦台国家安保室2次長が記者らと会って、「わが国は強制徴用問題を外交的に解決することが重要だとの認識の下で、すべての建設的提案に心を開いている」と述べた。キム次長はしかし「根本的に指摘するべきことは、強制徴用という反人道的行為で国際法に違反したのは日本だ」と指摘した。

西村康稔官房副長官はこの日の定例記者会見で、「国際司法裁判所(ICJ)への提訴をはじめとする、さまざまな措置を検討してきた」と説明した。西村官房副長官は「どのようなタイミングでどのような措置をとるには、現段階では明らかにしない」と述べた。

しかし青瓦台は国際仲裁や訴訟などを通じた解決方法に否定的な意見を表明した。キム次長は「結果的に一部勝訴・一部敗訴するケースが多かった」とし、「根本的な問題解決は困難で、調停の進行過程で国民の敵対心が大きくなり、未来志向の関係にも否定的な影響を与えることがありうる」と述べた。

河野外相は談話を発表する前にナム大使を外務省に呼び、仲裁委の構成に応じないことについて「韓国が国際法違反の状態を放棄しているだけに、すぐにでも是正措置を取りたい」と強く抗議した。続いて「いま韓国がしていることは、第二次世界大戦後の国際秩序を根本から覆すものと同じだ」と主張した。

一方、青瓦台は韓・日軍事情報保護協定(GSOMIA)については、前日よりも断固とした立場を示した。青瓦台の関係者はこの日、日本のさらなる経済報復措置が出てくる場合に協定を撤回する可能性と関連し、「質的・量的にすべてのオプションを検討する」と述べた。これは「原則を維持し、状況に応じて判断する」という前日の立場よりも強硬になったものだ。

毎日新聞はこの日、日本政府はホワイトリスト(戦略物資の輸出手続きの簡素化国のリスト)から除くほか、就労ビザの基準強化、送金の制限、関税引き上げなどを追加措置として検討してきたと報道した。
  • 毎日経済_東京=チョン・ウク特派員/ソウル=パク・ヨンボム記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-07-19 21:29:56