「オンマ部隊」チュ・オクスン氏、告発される

虚偽事実の流布の疑いで 

  • MBNニュース画面



文在寅(ムン・ヂェイン)政府は日本に謝罪すべきだと主張したオンマ部隊のチュ・オクスン代表と、自分は独立運動家の子孫だとしたイ・ヨンフン前ソウル大教授が警察に告発された。

市民団体「愛国国民運動大連合」のオ・チョンド代表(53)は13日、虚偽事実の流布の疑いでチュ代表とイ前ソウル大教授をソウル九老警察署に告発したと明らかにした。

チュ代表が告発されたのは、去る8日の記者会見の発言からだった。当時、チュ代表は「(強制徴用個人請求権に関連し)大法院(最高裁)判決はムン・ジェイン政府が賠償しなければならない。韓国が1965年の韓日協定を破った」と主張した。

オ代表はイ前教授と関連しては、「自分が独立有功者の子孫であると虚偽主張した」とした。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-08-13 18:05:46