韓・日の首脳「日韓関係の悪化を放置しない」

ムン大統領、親書で早期解決呼びかけ 

李洛淵(イ・ナギョン)国務総理と安倍晋三(安倍晋三)日本国首相は24日に会談を持ち、両国の関係悪化をこれ以上放置できないということで共感した。

政府は今回の会談について、韓・日関係の改善のための「分岐」という評価とともに、今後の韓・日政府間のチャネルとして公式対話が活発に行われるだろうという期待感を表わした。

趙世暎(チョ・セヨン)外交部第1次官は東京に用意されたプレスセンターでブリーフィングを行い、「韓・日関係について両首相は、韓・日両国は重要な隣国として韓・日関係の困難な状況をこのまま放置することはできないということで認識を共にした」と明らかにした。

また両首相は北韓問題などと関連しても、韓・日、韓・米・日の共助が重要であるという認識を共にした。

李国務総理はまた、韓・日関係の梗塞を早急に打開するために、両国の外交当局間の対話を含む多様なコミュニケーションと交流を進めていくことを促した。

今回の事態を触発した強制徴用問題の場合には、安倍首相は「国家間の約束は守らなければならない」という従来の立場を繰り返し明らかにして、問題解決のための外交当局間の意思疎通を継続しようと言及した。

これに対して、李国務総理は「日本がそうであるよう、韓国も1965年の韓・日基本関係条約と請求権協定を尊重して遵守してきた、今後もそうするだろう」とし、「今までそうしてきたかのように、今回も韓・日両国が知恵を集めて難関を克服していくことができると信じる」と述べた。

李国務総理はまた、会談が仕上げられる前に白い封筒に入れられたムン大統領の親書も伝達した。

1ページ分量のこの親書は、韓・日両国が近い隣人として北東アジアの平和と安定のために協力していくべき重要なパートナーであることを強調する趣旨が込められており、両国間の懸案について早期に解決することができるように、互いに関心を持って頑張っていこうという趣旨の文言が盛り込まれたと政府関係者が伝えた。

安倍首相は会談で親書を開いてみなかったが、個人的な手紙に対する「感謝」の意を表したという。

ムン大統領は先だって、外交チャンネルを通じて天皇にも親書を伝達したことがある。

李国務総理と安倍首相はこの日午前、東京の首相官邸で21分間会談したが、これは昨年10月に韓国大法院の強制徴用賠償判決後に初めて実現した両国の最高位級の対話だ。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-10-24 13:04:53