日本産ビール、10月の対韓輸出…ゼロ

ここ20年間で初めて 

韓・日関係の悪化にともなう日本製品に対する不買運動の影響で、先月の日本産ビールと即席ラーメンの対韓輸出額が「0ウォン」を記録した。

日本の財務省が28日に発表した今年10月の品目別貿易統計によると、先月の日本産ビールの対韓輸出は数量と金額の両方ともにゼロだった。 1年前の昨年10月の日本産ビールの韓国輸出額は8億円(約80億ウォン)水準だった。日本産ビールの対韓輸出がゼロにまで落ちたのは、1999年6月以降の20年ぶりだ。

日本のビールメーカーにとって、韓国は最大の輸出市場だった。韓国がビールを輸入する相手国のランキングでも、日本は6月まで10年のあいだ不動の1位を守ってきた。雰囲気が変わったのは、7月に日本の奇襲的な輸出規制が始まってからだ。ただし財務省では「統計には一回当たり20万円を超える実績が反映される」とし、「10月にも少量の輸出が行われたであろう」と説明した。
  • 毎日経済_東京=チョン・ウク特派員 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-11-28 17:41:56