韓、感染者1人を追加し総25人…疑われる患者960人


韓国内で「新型コロナウイルス感染症」患者がまた1人発生した。

9日、中央防疫対策本部はこの日の午前9時に新型コロナ患者が1人追加で確認されて、国内の感染者は25人に増えたと発表した。

追加確認された25番目の患者は73歳の韓国人女性だ。中国の広東省を訪問(2019年11月~20年1月31日)した家族(息子、嫁)の同居人だ。発熱と咳やのどの痛みなどの症状で検査を行い、「陽性」として確認された。現在、盆唐ソウル大病院に入院している。国内感染者のうち2人は退院した。これにより、この日に追加された25番めの患者を含めて、現在23人が隔離病床で入院治療中だ。

感染を疑われる症状で検査を進めている者は総960人だ。前日よりも21人増加した。防疫当局が検査の必要な対象を定義する「事例定義」を拡大したためだ。

現在、中国を訪問した後で14日以内に発熱や呼吸器症状があらわれた人は検査を受けることができる。また、中国ではなくても新型コロナが流行している国に行ってきた場合は、医師の所見にしたがって検査を実施することができる。
  • 毎日経済デジタルニュース局 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-02-09 13:25:15