肉を焼く際に発生する発がん性物質の毒性は野菜が下げてくれる


サムギョプサル、牛肉、ソーセージなどを調理する時、自然に発生する発ガン物質であるベンゾピレンの毒性を低下させるのに、サンチュ(レタス)、タマネギ、ニンニクなどが役立つという研究結果が出た。

東国大学のソン・ジョンソク教授チームは、サムギョプサルなどと一緒に摂取するごまの葉、サンチュ、ニンニクなどの野菜類13種とデザートとして食べるイチゴ、リンゴ、シナモン、紅茶などの果物・茶7種、抗がん効果があることが知られている食品由来の単一成分27種で実験した結果、ベンゾピレンの体内毒性低減率が15%以上である食品は、セロリ(20.88%)、セリ(18.73%)、タマネギ(18.12%)、サンチュ(15.31%)とデザートとして食べるシナモン(21.79%)、紅茶(20.85%)、イチゴ(18.76%)だった。

ベンゾピレンの毒性低減率が高い食品は、発がんのい可能性も低下させる効果を見せたが、サンチュ(60%)、紅茶(45%)、タマネギ(40%)、セロリ(20%)の順で発がん性の抑制効果が高かった。
  • 毎日経済 ホ・ソユン記者 / 写真=photopark.com
  • 入力 2017-02-12 05:01:00.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • dewytree
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • もっと! コリア