消化不良に便秘まで…重複症候群患者が多い


不規則な生活パターンと反復的なストレスで、現代人の胃・腸の健康が悪化している中で、胃腸疾患者10人に3人の割合で「重複症候群」を患っていることが分かった。重複症候群は、消化不良、慢性便秘、繰り返される腹痛、頻繁な下痢などの胃腸疾患のうち、2種類以上を持っていることをいう。

盆唐ソウル大学病院消化器センターのキム・ナヨン、チェ・ユンジン教授研究チームは15日、韓国型胃腸管疾患の症状と特性を調べるために、機能性胃腸疾患の患者354人のうち、機能性消化不良症と診断された患者は308人、過敏性大腸症候群は156人を比較分析した結果、 2つの症状を同時に示す重複症候群の患者が354人のうち110人で、なんと31.1%に達したと明らかにした。機能性胃腸疾患は、腹痛、むかつき、胸やけ、消化不良のような上部胃腸管症状で現れる「機能性消化不良症」と下痢、便秘、ガスなどの下部胃腸管症状を見せる「過敏性大腸症候群」に分類する。そして、機能性消化不良症は「上腹部痛症症候群」と「食後不快感症候群」に分かれ、過敏性大腸症候群は「便秘型」と「下痢型」に分けられる。

研究チームによると、機能性胃腸管疾患の症状の中で「食後の不快感の消化不良症」と「便秘型過敏性大腸症候群」、この2つの症状が同時に現れる「重複症候群」の患者が最も多い割合を占めた。また、その症状がひどいほど憂鬱感が高いことを明らかにした。重複症候群の患者の平均年齢は47.2歳、消化不良症だけの群の51.9歳より平均年齢が低く、重複症候群の患者の女性の割合は66.4%で、過敏性大腸症候群だけの群の45.7%よりも女性患者の割合が有意に高かった。また、重複症候群では、未婚、離婚、死別の割合と飲酒歴が最も高く、憂鬱スコアも10.1点で最も高かった。

キム・ナヨン教授は、「不規則な生活習慣と睡眠不足、ストレスなどで消化不良と過敏性大腸症候群を一緒に訴える重複症候群の患者の有病率が非常に高い状況だ」とし、「今回の研究結果は、2人疾患が偶然によって重複したのではなく、内蔵過敏性、感染、心理現象、遺伝型、脳と胃腸管との間の相互作用である脳腸軸(brain-gut axis)反応などが関連したことを示唆する」と説明した。
  • 毎日経済 イ・ビョンムン医療専門記者
  • 入力 2017-03-15 10:58:23.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア