あまりにも短かったり長い睡眠時間は若い女性の喘息のリスクを高める


3月17日は「世界睡眠の日(World Sleep Day)」だ。世界睡眠学会(World Association of Sleep Medicine / WASM)は、2008年から毎年3月第2週の金曜日を「世界睡眠の日」と定め、睡眠の重要性を広く広報している。

このような中で最近、睡眠の重要性を強調する研究結果が発表され、注目を集めている。順天郷大学富川病院睡眠医療センター長のチェ・ジホ教授(耳鼻咽喉科)・建国大学病院のチョ・ジェフン教授(耳鼻咽喉科)の共同研究チームは16日、短かったり長い睡眠時間を持つ韓国の若い成人女性で、喘息の有病率が高く、特に長い睡眠時間を持つ若い成人女性の場合、アトピー性皮膚炎の有病率も高いということが分かったと明らかにした。

研究チームは、国民健康栄養調査(2008~10)で得た19~39歳の若年成人1万148人(男性4239人・女性5909人)の資料を活用して分析研究を進めた。まず、年齢、体質量指数、喫煙、飲酒、規則的な身体活動、所得、精神的なストレスなどのさまざまな要因は補正した後、睡眠時間と喘息およびアトピー性皮膚炎との関連性を研究した。その結果、一日に平均5時間以下の睡眠をとる女性で、喘息のリスクが1.55倍、9時間以上の睡眠をとる女性で喘息のリスクが1.57倍、アトピー性皮膚炎のリスクが1.75倍高いことが分かった。

チョ・ジェフン教授は、「睡眠時間と喘息、アトピー性皮膚炎との間の正確な因果関係がまだ明確に明らかになった状態ではない。しかし、アレルギー疾患である喘息とアトピー性皮膚炎は、よく知られているように、免疫性または炎症反応と深い関連があるが、あまりにも短かったり長い睡眠は、免疫性を低下させたり炎症反応を増加させる。したがって、あまりにも短かったり長い睡眠をとると、喘息、アトピー性皮膚炎の有病率が増加する可能性がある」と説明した。

チェ・ジホ教授は続いて「すでに多くの研究者たちが、睡眠時間が短すぎたり長い場合には、高血圧、冠状動脈疾患、脳卒中、糖尿病、肥満、メタボリックシンドロームなどの深刻な病気の有病率が高いことを明らかにし、死亡率まで高かった」とし、「喘息、アトピー性皮膚炎も、既存の研究結果と似たように明らかになったため、結論として若い成人は一日の適正睡眠時間である7~8時間睡眠をとると良い」と強調した。
  • 毎日経済 イ・ビョンムン医療専門記者
  • 入力 2017-03-16 10:49:43.0

Copyright mk.co.kr, All rights reserved




  • question
  • dewytree
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア