LG電子、携帯空気清浄機市場に進出



LG電子は携帯空気清浄機市場に進出した。 20日、LG電子は一山(イルサン)キンテックスで開かれた建築博覧会「2019コリアビルド」で「LGピュリケアミニ空気清浄機」を初めて公開した。正式発売は来月に予定されている。この空気清浄機はバッテリーが内蔵されており、有線USBで充電して使用することができる。

イベントの関係者は「車や勉強部屋やオフィス空間で使用することができ、冬の密閉されたベビーカー内の空気を浄化する際にも使うことができる」と説明した。サイズは横69ミリと縦64ミリと飲料缶と似ており、直径が80ミリ以上のカップホルダーに装着することができる。現在販売されているすべての車両で使用することができる。車両に使用する場合、空気清浄機を作動させて10分以内に室内の空気が浄化される。

これまで携帯空気清浄機市場は、中小企業の製品が主流を成した。国内の大企業の製品が発売されたのは、2012年にサムスン電子が車空気清浄機「ウイルスドクター」を発売して以来で7年ぶりだ。
  • 毎日経済_ヨン・ファンヂン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-20 17:46:22.0