声でキャラクター操作...「ノータッチ」ゲーム登場


手で触れずに携帯電話を操作して、声でゲームのキャラクターを動かす日が遠からずやってくる。スマートフォンなどの機器はもちろん、ゲームなどのコンテンツも「ノータッチ」インターフェースが続々と登場しているからだ。 NCソフト(代表キム・テクチン)は22日、ソウル市駅三洞のラウムで「リネージュM」の2019年開発ビジョンとアップデート計画を公開した。この席で人工知能(AI)技術を適用して音声でゲームを楽しむことができる「ボイスコマンドシステム」を年内に導入すると発表した。これはゲームの利用者が画面をタッチせずに、声だけで戦闘や狩猟、アイテムの購入などのさまざまなプレイを指示できる機能だ。現場で上映された映像では、子供を抱いたり運転中でもキャラクターに戦闘を命じ、チームメイトを呼ぶ利用者が登場した。

一方、LG電子はスペインで25日に開幕する「MWC 2019」で発表される「G8 TinQ」と「V50 ThinQ 5G」に、指をかざすだけでスマートフォンを操作する「モーション認識ユーザーインターフェイス(UI)」を適用したことが分かった。
  • 毎日経済_イ・ヨンイク記者
  • 入力 2019-02-22 18:08:49.0