サムスン、歴代最大容量のモバイルDRAMを量産



サムスン電子は14日、歴代最大容量の「12ギガバイト(GB)低消費電力ダブルデータレート(LPDDR)4X」モバイルDRAMを量産すると明らかにした。この製品は今後のリリースを控えたフォルダブルフォン「ギャラクシーフォールド」に使用される予定だ。

第2世代の10ナノ級16ギガビット(Gb)チップを6個搭載し、これまでの8GBモバイルDRAMよりも容量を1.5倍に増やした。一般的な超薄型ノートPCに搭載された8GB DRAMモジュールよりも容量が大きいため、「フォルダブルフォン」などの画面が2倍以上大きいスマートフォンでも、さまざまなアプリケーションをシームレスに使用することができる。

4Kなど超高解像度の映像をスマートフォンで見ても、12GB DRAMを使用すると途切れることなくはるかにスムーズな視聴が可能だ。最近の携帯メーカーは次世代のスマートフォンに、5つ以上のカメラ・モジュール、大型・マルチディスプレイ、人工知能(AI)プロセッサ、5G通信サービスなどを導入しているが、このようなハイスペックなスマートフォンではDRAMの容量がさらに大きくなるとシステムのパフォーマンスもまた向上する。

また、現在のモバイル機器に使用される最も速い速度である毎秒34.1GBの速度でデータを読み書きすることができ、しかもパッケージの厚さも1.1㎜に過ぎず、モバイル機器をよりスリムに設計することができると会社側は説明した。特に12GBの大容量を1つのパッケージに実装して消費電力効率を向上させ、バッテリーの搭載面積も大きくすることができると付け加えた。

サムスン電子は今月に12GBモバイルDRAMの量産を開始して、下半期には8GB以上の大容量モバイルDRAMラインナップの供給量を3倍以上に拡大し、グローバル情報技術(IT)の顧客社のメモリー需要の増加に積極的に対応する計画だ。

サムスン電子メモリー事業部マーケティングチームのチョン・セウォン副社長は、「12GBモバイルDRAMを本格的に量産し、業界唯一で次世代フラッグシップスマートフォンに必要なすべてのメモリのラインナップを供給することになった」とし、「顧客社のDRAM需要の増加に合わせて、平沢(ピョンテク)での生産比重を持続的に拡大するつもり」だと明らかにした。
  • 毎日経済_ヨン・ファンヂン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-03-14 17:38:24.0