昨年、韓国を訪れた外国人患者38万人

患者誘致を可能にした後で歴代最多 

  • 保健福祉部


昨年、韓国を訪れた外国人患者数が過去最大の38万人を記録した。 保健福祉部は17日、昨年の外国人患者数は2017年の32万1574人よりも17.8%増の37万8967人だったと発表した。

2009年に外国人患者の誘致が初めて許可された後、年間の訪問患者数は40万人に迫り、昨年までの累積外国人患者も226万人となり10年めで200万人を超えた。

外国人患者は国内に居住していない外国人で、健康保険加入者や被扶養者ではない状態で診療を受ける患者だ。今回の統計は実患者を基準にしたものであることから、同一患者が複数の診療科を訪問したり再診を受けても患者1人と集計された。したがって、これらの患者が内科や整形外科に健康診断など、複数の診療科で診療相談をしたり治療を受けた件数で計算すれば、昨年は46万4452件に達した。
  • 毎日経済_ソ・ヂヌ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-04-17 17:19:15