胃腸薬から発がん推定物質…269品目を販売停止


「ザンタック(Zantac)」や「ゲルフォス・ディーエクス錠(Gelfos DX Tab)」など、現在国内で144万人が服用している胃腸薬から発がんの懸念物質が検出され、販売中止措置が下された。

販売禁止対象に含まれる269種の胃腸薬には、ラニチジン成分の原料薬が含まれている。食品医薬品安全処の検査結果、ラニチジン成分から発ガン物質が出た。ラニチジンは胃酸過多や胸やけ、消化性潰瘍、逆流性食道炎などの治療薬に使用する原薬の成分だ。

食品薬品安全処は26日、ラニチジンが含まれている国内流通医薬品の原料7種を回収・検査した結果、世界保健機関(WHO)の国際がん研究所(IARC)が指定したヒトに対する発がん推定物質であるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が暫定管理基準(0.16PPM)を超過して検出されたと明らかにした。これにより食品薬品安全処は「ラニチジン成分原料医薬品」7種と、これを使用したグラクソ・スミスクライン社「Zantac」、大熊製薬「アルビス錠(Albis Tab)」など、国内に流通する完成医薬品全体(269品目)について暫定的に製造・輸入・販売を停止し、処方を制限するようにした。食品薬品安全処によると、この日の時点で胃腸薬を服用している患者数は144万人に達する。
  • 毎日経済_ソ・ジョンオン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-09-26 17:59:28