現代自、個人飛行体公開...「2028年に商用化」


  • 6日(現地時間)、米国ラスベガスで開催された「現代自動車メディアイベント」で鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車首席副会長(左)が人間中心の躍動的な未来都市を実現するためのモビリティビジョンを発表した。 写真提供=現代自動車



現代自動車はグローバルな車両共有企業であるウーバーと手を握り、空を飛ぶ「パーソナル飛行体(PAV)」の開発に着手した。スマートモビリティソリューション企業に転換しようとする現代自動車グループの構想を現実化する第一歩だ。

鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ主席副会長は6日(現地時間)、米国ラスベガスで開催される「CES 2020」で人間中心の未来モビリティのビジョンを発表し、ウーバーとのコラボレーションで製作したPAVコンセプト「S-A1」を初めて公開した。

「S-A1」は電気推進方式で、都心で垂直離着陸できる5人乗りのエコ飛行体だ。安全性を最優先の価値にしつつ静音設計などの特徴を備え、2023年ごろにプロトタイプとして出てくる予定だ。これらの個人飛行体と各種モビリティサービスを組み合わせることで、空を新しい移動通路として活用する「都心航空モビリティ(Urban Air Mobility/UAM)」ソリューションが作られる。

チョン首席副会長は「都心航空モビリティは2028年ごろ、国内と海外で商用化されるだろう」と展望した。さらに地上で人を移動させる「目的基盤モビリティ(Purpose Built Vehicle/PBV)」と乗り換え拠点であるハブ(Hub)までを接続すると、現代自動車が目指す未来都市モビリティの生態系が完成する。

チョン首席副会長は「(現代自動車は)スマートモビリティソリューション企業に転換し、より多くの革新的な製品やサービスを披露する」とし、「ウーバーを含めて業界の各リーダーとコラボして、オープンイノベーションを通じてさまざまなパートナーシップを締結するつもり」だと強調した。

ウーバー・エレベートのエリック・アリソン総括は、「現代自動車の製造能力とウーバーの技術プラットフォームが力を合わせれば、都心の航空ネットワーク構築のための大きな飛躍を達成できるだろう」と自信を見せた。
  • 毎日経済_ラスベガス=カン・ゲマン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-01-07 17:53:11