KT、世界のキャリアと「5G MEC同盟」組織


KTは17日、5G導入の拡散とモバイルエッジ・コンピューティング(MEC)ソリューション技術の確保のために、グローバルなMEC連合体である「5Gフューチャーフォーラム」を組織すると明らかにした。 MECは超高速データサービスを提供するために基地局にコンピューティングシステムを構築したもので、クラウドゲームや自律走行などの超低遅延サービスのパフォーマンスを向上させるために必要な核心技術だ。

「5Gフューチャーフォーラム」はKTのほかにメキシコのアメリカ・モビル(America Movil)、カナダのロジャース(Rogers Communications)、豪州のテルストラ(Telstra Corporation)、米ベライゾン(Verizon Communications)、英ボーダフォン(Vodafone)の6つのキャリアで構成されている。これらのキャリアはすべて昨年に5Gを、それぞれの国で商用化した経験がある。

「5Gフューチャーフォーラム」は昨年の経験を生かしアメリカとアジア・太平洋地域そしてヨーロッパなど、全世界に分散した5G MEC間の互換性を提供する標準的な開発協力を進めている。まずMEC相互の互換性のために、単一スペックの開発に集中する計画だ。 5G MECを本格的に利用することになると、使用者が体感しているネットワークの遅延時間を大幅に減少させると予想される。

「5Gフューチャーフォーラム」に参加したキャリアは、特に標準化を通じてマシンラーニング、産業機器の自動化、コネクテッドカー、スマートシティ、モノのインターネット(IoT)、拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)などのように、遅延時間に敏感なサービスを迅速有効に提供できると予測している。 KTは2019年に初めて全国主要8都市で5Gモバイルエッジ通信センターの構築を完了し、昨年12月には企業間取引(B2B)の顧客のためのエッジクラウドサービスを最初に提供した。 KTは今回の協力を機に、5Gグローバル互換性の強化をベースにした様々なビジネスの機会を模索する計画だ。

KTの関係者は、「5Gフューチャーフォーラムを通じて世界の5G MECの生態系が構築され、これによって各キャリアには5G技術とサービスを活用する機会が開かれるだろう」と語った。
  • 毎日経済_イ・ヨンイク記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-01-17 20:08:03