Q.韓国歴代の大事故・惨事(下):群山火災惨事、仁川仁峴洞火災事件、臥牛アパート崩壊事件など

답변게시판
A. (※この記事は「韓国歴代の大事故・惨事(中):大然閣ホテル火災、慶州リゾート崩壊、西海フェリー沈没など」の続きです。)

群山火災惨事

群山の集娼村(風俗街)で2000年と2002年の二度にわたって火災が発生し、監禁されていた性売買女性が死亡した事件です。

- 群山大明洞火災惨事
2000年9月19日、群山市大明洞の俗称「スィパリコルモク(ハエ路地)」の風俗店で火災が発生し性売買女性5人が死亡し、1人が救助されました。犠牲者はすべて20代の女性で、10代で家出し店主に人身売買されて監禁されて性売買を強要されていました。

- 群山開福洞火災惨事
2002年1月19日、以前に火災があった「スィパリコルモク」と隣接している開福洞で再び火災が発生し、14人の売春女性と男性店主1人が死亡する事件が起きました。この事件の被害者も人身売買に売られ、監禁されたまま性売買を余儀なくされていました。店から30mの距離に交番があったにもかかわらず、警察は賄賂を受けて目をつぶっていたといい、大明洞火災惨事以来、1年半も経たないうちに似ているところから似たような事件が起こったので、大きな衝撃が起きました。

清涼里大旺コーナー火災事件

1970年代、中央線清涼里駅の隣にあった建物である大旺コーナーで起きた一連の大規模な火災事故です。1972年、1974年、1975年と3回起きた一連の火災事故で大旺コーナーが位置していた元ロッテデパート清凉里店の場所は火災事故の温床と呼ばれることになりました。

- 1972年8月5日に、最初の火災がありました。この火災は、1階のトッポッキ店のプロパンガス爆発によるもので、死亡者6人と負傷者60人と集計されました。この時から、この建物は5階建てで許可されていたにもかかわらず、7階まで上げた建物だという問題が明らかになりました。

- 1974年11月3日、当時6階にあったブラウンホテル618号室の前に設置され照明灯がショートし、火災が発生し一瞬のうちに6階をすべて燃やしナイトクラブがあった7階に火が移りました。下着姿の女性が「火事だ!」と叫んで廊下に逃げましたが、従業員が「お金を出して出て行け」とドアを塞ぎ、多くの犠牲者が生じました。一部は窓から脱出しようとしましたが、外に出ることができず死亡しました。その他に、宿泊していたホテルの窓ガラスを破って飛び降り墜落した人もいました。事故の犠牲者は死亡88人、負傷35人に達し、韓国初のロック・グループと呼ばれるバンド「Add 4」のリードボーカル、ソ・ジョンギルがナイトクラブで司会をしていましたが命を失いました。

- 1975年10月12日、2階の入口から電気による火災が発生し、3人が死亡しました。人命被害は少なかったですが、2~4階に位置していた店がすべて焼け、財産被害がかなり大きくなりました。焼けてしまった面積もこの火災が最も大きくなりました。結局、この火災により大旺コーナーは、ソウル市によって閉鎖措置を受け、競売にかけられました。

仁川仁峴洞(インヒョンドン)居酒屋火災事件

1999年10月30日に、仁川(インチョン)広域市中区仁峴洞のビヤホールで火災が発生し、57人が死亡し71人が重軽傷を負いました。

火災が発生した仁峴洞のビヤホールは5階建ての商業用建物で、地下にはカラオケ、2階にはビヤホール、3階と4階にはビリヤード場がありました。内部修理中だった地下のカラオケで火災が発生し、有毒ガスが上部の層に上がりました。 3階と4階にいた人たちは、窓を破って飛び降りて負傷者が発生したりしましたが、死者はでませんでした。学校祭が終わった後、打ち上げをしていた高校生が集まっていたビヤホールで店の主人がお金を出せと言って出入口を防いだために、多くの犠牲者が出ました。

シーランド青少年修練院火災事件

1999年6月30日未明、京畿道華城の青少年修練施設である「遊園地シーランド」で原因を知ることができない火災が発生し、眠っていた幼稚園児19人と引率の教師と講師4人など23人が死亡、5人が負傷する惨事が起こりました。

調査チームは、火災の原因を蚊取り線香がひっくり返り、可燃性素材でできた建物内に炎が広がって、同時に毒ガスが出たため被害が大きくなったと発表しましたが、漏電の可能性が高いと被害者の親たちの抗議を受けました。その後、放送局の実験結果で蚊取り線香で火がつくことは不可能であることが立証されました。

臥牛アパート崩壊事件

1970年4月8日、ソウル麻浦区倉前洞臥牛地区の市民アパート15棟の建物全体が崩壊、33人が死亡し、39人が重軽傷を負った事件です。

1969年12月26日に竣工した後、わずか4か月で起きた崩壊事故は、調査の結果、アパートの支柱に鉄筋を正しく使わずに柱が建物の重量を支えられていなかったことが明らかになり、アパートの手抜き工事の引責問題が国会​​にまで飛び火し、ソウル市長キム・ヒョンオク(金玄玉)が退く事態まで生じました。

事故の発生により、警察・軍・予備軍・米8軍など1千人が動員されて救助作業を行いました。この事故をきっかけに、警察は全国697のアパートの安全性チェックをしましたが、85棟が手抜き工事だったことが明らかになり、一時期、アパート忌避現象が起きたりもしました。

亀浦駅列車転覆事故

1993年3月28日午後5時29分に、ソウル発釜山行きムグンファ号、第117号列車が勿禁駅を過ぎ、釜山広域市北区亀浦洞の亀浦駅に向かって時速85㎞で運行していた途中、事故地点約100m前方で線路地盤が崩れ始めていることを発見して急ブレーキをかけましたが、制動距離が確保できず脱線しました。

これにより、列車8両のうち機関車と発電車と客車2両が深さ5m、幅15mほどの穴に逆さまに落ち、この過程で後ろいた客車が最初に脱線した発電車に追突し、互いに衝突して、より大きな被害を出しました。この事故で乗客620人余りのうち、78人が死亡し、198人が負傷しました。

鷺梁津配水池水没惨事

2013年7月15日、ソウル特別市銅雀区本洞鷺梁津にある配水池内のオリンピック大路の上水道管の敷設工事現場で工事をしていたところ、増えた水を支えられずに障壁が崩れ、漢江の水が流入して工事していた作業員のうち7人が死亡しました。大雨のため、漢江の水位が高まっている状況であるにもかかわらず、作業を停止しなかったために起きた事故でした。
  • Lim, Chul/写真出処:MBN,毎日経済
  • 入力 2014-10-23 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄