Q.韓国の次期大統領候補を教えてください:安哲秀(アン・チョルス)、李在明(イ・ジェミョン)、金武星(キム・ムソン)、朴元淳(パク・ウォンスン)

답변게시판
A. ▶ アン・チョルス(安哲秀)

1962年2月26日生まれ。国会議員。慶南密陽(ミリャン)市出身。ソウル大学医学部(博士)。ペンシルベニア大学経営学修士。配偶者キム・ミギョン(1女)。

医師でありながら韓国で初めてコンピュータウイルスを治療するワクチンを開発したプログラマー。以後、IT企業「アン・チョルス研究所(アンラボ)」を作り、ソウル大とKAISTで教授を務めた。韓国政界の慢性病も治すとし、政界に飛び込んだが、まだ政治的ワクチンを作ることには成功していない。
前回の第20代総選挙では、ソウル蘆原(ノウォン)区で50%を超える得票率で楽に当選した。

▶ イ・ジェミョン(李在明)

1964年12月22日生まれ。城南(ソンナム)市長。 慶尚北道安東(アンドン)市出身、中央大学法学部卒業(韓国放送通信大学英文学科在学中)。配偶者キム・ヘギョン(2男)。プロテスタント。

家柄が貧しく、少年時代に工場で働き、プレス機械に左腕が巻き込まれる労働災害に遭いながら軍隊も免除された。自身をむやみに殴っていた工場管理者が高卒であることを知り、障害を持つ身体で昼は働き、夜は勉強をして検定考試に合格し、中央大学の奨学生として法学部に入った。当時、工場で受けていた給料が8万ウォンだったが、大学から授業料免除のほか、毎月20万ウォンほど支援を受けた。
大学4年生の時に司法試験に合格した後、人権弁護士として活動して政治に入門した。

腐敗した既得権勢力対する強硬な批判で、アン・チョルス議員を抜いて3位圏まで浮上した。

▶ キム・ムソン(金武星)

1951年9月20日生まれ。国会議員。釜山市出身。漢陽大学経営学科卒業。配偶者チェ・ヤンオク(1男2女)。仏教。

一時、与圏の最も強力な次期走者と考えられたりもしたが、第20代総選挙で惨敗後、支持率が多く落ちた。家柄は金持ちだ。父親は全南紡織を建てて富を築き、母親は朝鮮日報のパン・サンフン会長の叔母。現代グループのヒョン・ジョンウン会長にとっては母方の叔父の格好だ。夫人のチェ・ヤンオク氏は、李承晩(イ・スンマン)大統領の秘書官と朴正煕(パク・チョンヒ)政権では3選議員を務めたチェ・チハン氏の娘だ。
膝下の1男2女の息子は俳優コ・ユン(本名キム・ジョンミン)は、ドラマ『アイリス2』でデビューした。申告した財産の内訳も、現金と不動産を合わせて137億ウォンに達する。

▶ パク・ウォンスン(朴元淳)

1956年3月26日生まれ。ソウル市長。 慶尚南道昌寧(チャンニョン)郡出身。檀国大学大学院史学科卒業。配偶者カン・ナニ(1男1女)。

参与連帯を設立した主役で韓国の市民団体を象徴する人物。市民運動をする当時は、不適格政治家落選運動、少数株主権利探し、欠食ゼロ運動を行った。盧武鉉大統領が大宇造船の労働者を弁護し、集示法違反で刑務所暮らしをしていた時代、弁護人を引き受け助けた縁がある。
2011年にソウル市長再・補欠選挙を控え、アン・チョルス教授(当時)と一本化を成し遂げ、政治に本格的に入門した。
  • Lim, Chul
  • 入力 2017-02-02 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄


  • question
  • question
  • mottomottokorea.com
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア