Q.韓国の次期大統領候補を教えてください:吳世勳(オ・セフン)、金富謙(キム・ブギョム)、劉承旼(ユ・スンミン)

답변게시판
A. ▶ オ・セフン(吳世勳)

1961年1月4日生まれ。弁護士(前ソウル市長)。ソウル出身。高麗大法学部卒業。配偶者ソン・ヒョンオク(娘2)。カトリック(ステファノ)。

1993年、仁川のあるアパートで昼間でも電気をつけなければならないほどで、近くのアパートに隠れながら日照権訴訟が起きたが、33歳の弁護士オ・セフンが訴訟代理人として出て、大企業を相手に13億ウォンの賠償金を受け取った。この出来事で放送出演もするようになり、SBS『それが知りたい』の進行などを務めながら認知度を高めた。1996年に東亜日報の「結婚したい男性」の調査では俳優イ・ビョンホンを抜いたりもした。
このような人気を土台にソウル市長に当選されたが、無料給食波動を体験しながら、市場職から離れ、以来、政治的に下方曲線に乗った。夫人のソン・ヒョンオク氏は演劇映画科教授であり、妹のオ・セヒョン氏は兄とは性向が異なる政党である共に民主党の比例代表を申請して話題を生んだ。

▶ キム・ブギョム(金富謙)

1956年12月21日生まれ。国会議員。慶尚北道尙州(サンジュ)市出身。ソウル大学政治学科卒業。配偶者イ・ユミ(3女)。プロテスタント。

韓国でセヌリ党の支持勢力が最も強力な大邱(テグ)で初めて野党候補で当選した政治家だ。地域主義の打破をスローガンに掲げ、国会議員と大邱広域市の市長に出馬したが落選し、その後国会に入城した。このような政治的冒険で有力な大統領候補として浮上した。
膝下にいる3人の娘のうち第2子は女優ユン・セイン(本名キム・ジス)だ。

▶ ユ・スンミン(劉承旼)

1958年1月7日生まれ。国会議員。大邱市出身。ソウル大学経済学科卒業(ウィスコンシン大学経済学科博士)。配偶者オ・ソンヘ(1男1女)。仏教。

朴槿恵大統領の側近である元祖親朴の人物だったが、ハンナラ党の院内総務を過ごす当時、対立した。
父親であるユ・スホ議員も朴正煕政権の時、司法波動で法服を脱いだことがあり、2代にわたる悪縁だ。
朴大統領との不和で院内総務を辞任したが、むしろこれを契機に次期大統領選挙走者に挙がり始めた。
前回の総選挙では、きれいな外見の娘ユダムちゃんが選挙事務所にいたため、男超(ナムチョ)サイトは、保守、進歩陣営を併せて大同団結した。当時、ユ・スンミン議員が無所属で出馬したため、コメント欄には「無所属、しかし娘さんは私の所属」、「職人大人」などで埋られた。

  • < 父親の選挙事務所に顔を見せたユ・スンミン議員の娘ユダム >

  • Lim, Chul
  • 入力 2017-02-03 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄


  • question
  • dewytree
  • dewytree
  • dewytree
    • facebook icon
    • google icon
    • twetter icon
    • RSSFeed icon
    • もっと! コリア