Q.平昌パラリンピックのマスコット「パンダビ」の目が左よりな理由は?

답변게시판
A. 9日に開幕した「平昌冬季パラリンピック」のマスコットはツキノワグマをキャラクターにした「バンダビ」です。

  • 大人気のスホランとバンダビ

平昌冬季五輪のマスコットでホワイトタイガーをキャラクター化したスホランとは友人の仲で、常に一緒に登場して五輪を通じて大きな愛を受けています。

五輪が終わり、スホランは「休暇中」というタイトルで休んで(?)いますが相棒のバンダビはさらに忙しくしています。パラリンピックのために懸命に走らなければならないからです。

ところが、パラリンピックのマスコットであるバンダビの左に寄った目を見て、違和感があると話す人がいます。

  • 平昌五輪広報大使のBIGBANG SOLと並んだスホランとバンダビ

一部のインターネットユーザーはバンダビを「可哀そうな目を持つ友人」と呼んだり、「スホランの顔色を窺っているようだ」「直視できないような障害者の現実を表現したのではないか」などの反応を見せています。

これに対して平昌冬季パラリンピック組織委員会の関係者は誤解だと伝え、むしろパラリンピックのマスコットであるため障害者のイメージが持たれないようにしたと説明したそうです。

続いて左手を広げて案内するようなポーズをとったこと関連させて視線を移動させて、より身近で可愛く表現することにより、明るく選手や観客を迎えている姿だと説明しました。

実際にバンダビの目と笑っている口元、手はすべて左に向かっています。

また、スホランとバンダビを制作した会社側の関係者は「いつも並んで配置されるスホランとの均衡感のためにバンダビの瞳を中央に置かずにスホランの方を向くように設計した」と顔色を窺っているというのは誤解だと説明しました。

  • これくらいの角度でようやく目が合うバンダビ

  • O2CNI / 写真=2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会組織委員会、MBNスター
  • 入力 2018-03-12 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄