Q.韓国陸軍の特攻隊について教えてください

답변게시판
A. 芸能人が特攻隊で服務をするなら拍手喝采が降り注ぐに値します。陸上での浸透作戦のような特殊戦任務を引き受けるため、訓練もすごくきついんです。

ところが残念ながらCNBLUEのリーダージョン・ヨンファ(鄭容和)は陸軍特攻隊に志願してもなお世間の非難に苦しんでいます。

CNBLUEの所属事務所FNCエンターテイメントはジョン・ヨンファが特攻隊に配置されるとすぐに「ジョン・ヨンファが基礎軍事訓練を終えて2軍団702特攻連帯に志願、自隊配置を受けた」と発表しました。これまで彼を取り巻いていた大学院への特恵入学疑惑と大学院進学が軍入隊を先送りにするためのものだったという噂を鎮めたいという思いもあったことでしょう。

しかし、まだ粉々になってしまったジョン・ヨンファのイメージは回復していない状態です。特攻隊での行跡によって世間の認識に少しずつ変化が現れることでしょう。特攻隊がそれほど厳しいところだからです。

特攻隊は20万人に達する北韓(北朝鮮)の特殊部隊に対応するために創設された部隊です。陸軍の特殊部隊である特殊戦司令部がありますが、兵力の面で北韓の特殊部隊に劣る点を補強する意味を強く持っています。韓国で起きた2度の軍事クーデターはすべて特戦司令部が主軸に行われたため、これを牽制するために全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領が作ったという話も伝わってきます。また別の話では北韓の特殊部隊に対抗するために特殊部隊の強化が必要だったのですが、特殊戦司令部を拡大すると全斗煥大統領の権力基盤が強化されることを望まなかった米軍が別の部隊を創設するようにさせたという話もあります。

とにかく最初の特攻部隊は全斗煥大統領執権初期の1982年10月1日に創設されました。その後、3つ特攻旅団*と6つの特攻連帯が創設されました。今回、ジョン・ヨンファが志願した702部隊連帯もその一つです。そして規模が少し小さい特攻大隊があります。

* 2008年、205特攻旅団が解体されて201、203特攻旅団に吸収統合され現在運用中の特攻旅団は2カ所。

特攻旅団はヘリコプターに乗って空中から降りる精鋭部隊です。武装した敵が出没したら第1線で彼らを阻止して殲滅する作戦を繰り広げる役を引き受けます。イラクに派兵されたザイトゥーン部隊の警備大隊の任務を引き受けたところも特攻旅団です。

味方のGPが占領された時に奪還作戦に動員される部隊が特攻連帯です。基礎軍事訓練を終えて特攻連帯の配置を受けたら3週間にわたって特攻武術、懸垂下降などの教育を受けた後、特攻要員の資格をもらいます。特攻隊は胸に胸章をするのですが、特攻隊の任務を遂行していない本部兵や運転兵には胸章が付与されません。

ジョン・ヨンファの胸に上のイメージと同じ胸章があるのかを確認したら、彼がどのような訓練をして、どのような任務を担っているのかが分かります。

特攻連帯は偵察、火力誘導、打撃などの任務を務める軍団の最精鋭部隊です。ここに砲兵旅団や軍団直轄の航空団と連携した作戦も繰り広げます。

ジョン・ヨンファが配置された2軍団傘下の702特攻連隊は不死鳥部隊と呼ばれています。江原道華川に位置しており、1982年に創設された最初の特攻連帯の一つでもありますね。

  • 702部隊の訓練シーン



この部隊出身者が一歩遅れて設立された特攻連隊の母胎になったそうです。KBSの『本物の男』と呼ばれる兵営体験番組で力士のイ・テヒョンが千里行軍最後のコースに挑戦する場面が放送されたことがあります。

他の特攻連帯を簡単に説明すると、首都軍団所属の700特攻連帯はワシミミズク部隊と呼ばれ、1軍団傘下の701特攻連帯の別名は黒ヒョウ部隊です。701部隊は幹部化作業が進められて実際の作戦はほとんど幹部が引き受けます。

702連隊と同じく不死鳥を象徴にしている3軍団所属の703特攻連帯も幹部化作業が進行中ですが、この部隊は江陵武装共産軍侵入事件と歩兵師団銃乱射事件にも投入されたことがあります。

『スーパースターK4』出身の歌手エディ・キム(キム・ジョンファン)が服務をした部隊が5軍団所属の705特攻連帯です。ヒョウ部隊として知られています。核安全保障サミット(NSS)警護作戦時に黒い服を着たたのですが、一緒に支給されたキャップにNSSと書かれており、KBSドラマ『IRIS -アイリス-』に登場した特殊部隊と誤解する人もいる部隊です。

飛虎部隊として通じる6軍団所属の706特攻連帯はガールズグループのKARAが兵営体験をしていたところです。ドラマ『IRIS -アイリス-』のイ・ビョンホンの軍時代のシーンを撮影したのもこの部隊です。
  • Lim, Chul
  • 入力 2018-04-23 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄