Q.韓国の女性優越主義コミュニティ「WOMAD」とはどんなサイトですか?(下)

답변게시판
A. ※この記事は「韓国の女性優越主義コミュニティ「WOMAD」とはどんなサイトですか?(上)」の続きです。

WOMADがメガリアから分離した理由はゲイやトランスジェンダーに対する態度からでした。

メガリアの運営スタッフはゲイやトランスジェンダーの差別に反対しましたが、これに同意できないメンバーが離れて行き新しく作られたのがWOMADなのです。初期に4500人ほどが集まってDAUM(ポータルサイト)でカフェ(インターネットコミュニティ)を開設しましたが、現在もWOMADのメンバーは増加傾向にあるといいます。メガリア側はWOMADのメンバーを運営スタッフの措置に反発して騒動を起こしたと異端児扱いをしていますが、数的にはWOMADの会員数がはるかに多い状態です。

ゲイが紛争の原因であるだけに、ストレート(異性愛者)でなければ排斥する傾向が強いのがWOMADです。ただし、レズビアンに対しては公然と嫌悪するようには見えません。

一時、WOMADについて極左か?極右か?と政治的性向を問う人がいたりもしましたが、行動を見ると政治的性向はないようです。政治的なスペクトルが正反対の朴槿恵(パク・クネ)元大統領と沈相奵(シム・サンジョン)議員を同時に支持していますから。

朴槿恵元大統領が政治スキャンダルで騒がれた当時も、朴槿恵元大統領の過去の写真をまとめては「머모님(대모님=大母様)」、「해님(おひさま*) 」、 「キング(King)恵」と称賛するコメントが書き込まれました。かつてパクサモ(朴槿恵元大統領を愛する会)とWOMADが連帯しようとする動きも起きていましたが、WOMADと一緒になるとイメージが墜落することを心配したパクサモが拒否したそうです。

*文在寅(ムン・ジェイン)大統領を달님(お月様)と呼ぶことから対称的に使ったもの。

政治的性向などは重要ではなく、女性なのか、そうでないのかだけが重要視されます。家族にも悪口を言うほどです。中には父親のことを애비충(父蟲)、息子を含む男児を한남유충(韓男幼虫)、恋愛は혐애(嫌愛)と呼んで極端なフェミニストの傾向を見せたりします。

WOMAD Noticeを見ると4番と11項に「道徳を捨てろ」と言及されています。現代社会が男性を中心に形成されているだけに、道徳律も男性に有利であると反発しているのでしょう。社会に対する不満は楽器にまで続いています。ピアノコンクールで入賞できず最終的にピアノを諦めることになったミュージシャン志望のピアニストは男性のために作られ楽器だと失敗の原因を男性中心社会に向けています。

こんなことからWOMADは社会から支持を受けることができずにいます。運営スタッフでさえ極端な男性嫌悪を表わして、社会的に不適切な発言にも反対する会員は見受けられないことから、排斥されるしかなかったのです。

社会的に排斥されるWOMADメンバーはさらに固く結束します。カフェに同時接続する会員は500人にもなりませんが、オフラインでも旺盛な活動力を見せます。トイレに男性嫌悪シールを貼ったり、寒い冬にもプラカードを持って街でデモを繰り広げました。

女性時代などの韓国の女性コミュニティもWOMADを断固として排斥できずにいる様子です。何はともあれ、男性嫌悪の裏面には女性の権益向上が含まれているためでしょう。WOMADとメガリアを嫌う女性団体も「WOMADが時々、正しいことを言う」と認めています。WOMADの戦闘的フェミニズム、性別間の葛藤を助長して社会、文化、芸術全般において異性に対する嫌悪を表出することが最終的には女性についての談論を拡張させる可能性があると考えるなら、女性団体がWOMADに対して曖昧なスタンスを取ることを理解できたりもします。

DAUMカフェのWOMAD運営者は民主労働党や統合進歩党出身である可能性が高いという疑惑が提起されましたが、まだ確認されてはいません。WOMADのウェブサイトはもともと海外に居住する女性が引き受けていましたが、内紛が起きた後ウェブ開発を担当していた管理者が現在、運営を担当しています。現在、WOMADを運営している管理者はソフトウェア開発能力を持ったIT関連の教育業者の代表と言われ、これもまた噂だけ流れている状態です。
  • O2CNI Lim, Chul
  • 入力 2018-05-16 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄