Q.JYPエンタから出たチョン・ソミに心配はいらない?

답변게시판
A.
  • チョン・ソミ



チョン・ソミの父親マシュー・ドウマ(Matthew Douma)はかなり多様な職業を経験したオランダ系カナダ人です。ダウマさんは俳優、英語教育コンサルタント、写真家、モデル、メイクアップアーティスト、しかもテコンドー示範団代表まで務めています。

ヒットしたKBSドラマ『太陽の末裔』にも米軍大尉役として出演したことがあります。

このような父親だからか、JYPエンターテイメントを離れるからとあまり心配にはなりません。どこに行って、何をしても適応できる遺伝子を持っているはずだからです。プロジェクトガールズグループ「I.O.I」でセンターとして活躍し、MC、ドラマ、映画にも出演したキャリアがあるので、芸能人としての地位はある程度保証されている状態でもあります。

それでも悲しいことでしょう。 JYPエンターテイメントは以前にも彼女を一度泣かせています。

2015年、JYPエンターテイメントの新しいガールズグループTWICEのメンバーを選ぶサバイバル番組『SIXTEEN』に出演したソミは、かなり多くの人々を熱狂させましたが、最後の投票でツウィに抜かれてしまいました。現在のTWICEのメンバーよりメジャーに上がった回数も多く、残念な気持ちが大きかったと思います。

当時15歳だったソミは結果を淡々と受け入れる姿を見せましたが、家に帰る車に乗ってすぐに泣きはじめて家に着くまでずっと泣いていたそうです。父親の証言なので事実でしょう。家に到着してからは元気になったのかというと、一晩中泣いたそうです。

『SIXTEEN』に出演した練習生の中で、喜びの涙ではなく敗者の悲しみから泣いた人はソミだけではありません。TWICEのメンバーが9人であるため、7人は敗北の痛みを経験せざるをえませんでした。

考えてみれば「TWICE」がJYPエンターテイメントの練習生の離脱により誕生したグループなので、TWICEメンバーを選ぶコンテストから脱落したという事実自体が妙な感じを与えます。

JYPエンターテイメントは2014年「SIXMIX」という名前の6人組ガールズグループをデビューさせる予定だったのですが、中国系オーストラリア人のメンバーのセシリアが去り、後にリーダーを務めた米国系韓国人のリナさえ米国で独自に芸能活動をするとして再契約をせずに会社を去りました。

2014年、SIXMIXがデビュー予定だったころの写真。左上からナヨン、セシリア、ジョンヨン、右上からミニョン、ジヒョ、リナ。

サナは日本人で構成されたガールズグループとしてデビューする予定で準備中だったのですが、セシリアの空白を埋めるため後から参加しました。しかしSIXMIXのデビューが白紙化され、日本人で構成されたガールズグループのチームも消えてしまいました。

2度に渡ってデビューが延期された後、SIXMIXプロジェクトは廃棄されてしまいました。JYPエンターテイメントは新しいガールズグループのプロジェクトを白紙の状態から出発することにして、サバイバル形式で7 +αのメンバーを選ぶことにしました。ここで、7はSIXMIXの残りのメンバー4人に日本チームの残りのメンバー3人を合わせた数字です。サバイバル番組がなければ、おそらく7人組のガールズグループが誕生していたのかもしれません。このサバイバル番組がMnetで放送された『SIXTEEN』です。

JYPエンターテイメントはメンバーを選んだ後に出る噂や騒動を考えて、『SIXTEEN』に参加する練習生たちに本人はもちろん親の同意書まで受け取りました。DSPメディアの6人組ガールズグループAPRILのビジュアル担当サブボーカルのイ・ナウンは親の同意を得ることができず、『SIXTEEN』に参加しませんでした。

  • イ・ナウン[/img1]

    2年8カ月のあいだJYPエンターテイメントの練習生として過ごし、JYPエンターテイメントを去った後は独学で演技の練習をして、DSPメディアにスカウトされてAPRILに最後に参加しました。

    『SIXTEEN』が終了して7人の合格者が発表されました。SIXMIXのメンバーの中では、ミニョンを除いたナヨン、ジョンヨン、サナ、ジヒョは当然サバイバルを通過ました。初放送から最後の放送までナヨン、ジョンヨン、サナ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィは1~7位のあいだで順序だけ少し変わるだけで安定した人気を得ました。コンテストに参加した残りの9人のうち7位に一度でも進入した練習生はソミが唯一です。

    ファン投票で順位が決まるというものの、見方を変えればデビューが予定された7人のメンバーはすでに選ばれた状態だったわけです。(最終7人はナヨン、ジョンヨン、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン。ツウィは優れた美貌、モモは優れたダンスの実力のおかげでαとしてTWICEに参加)

    ミニョンは『SIXTEEN』が終わった後、JYPエンターテイメントを退社、大学実用音楽科に進学しました。パク・ジニョンの評価通りにガールズグループではなく、アーティストの道を歩むことになるかもしれないですね。

    『SIXTEEN』の参加者のうち比較的年齢の高かったジウォン(パク・ジウォン / 1998.3.20)はJYPエンターテイメントからのデビューが難しいと考えたのか、『SIXTEEN』が終わるとすぐにJYPエンターテイメントを去り、一時期音沙汰がありませんでした。その後、Mnetの『アイドル学校』に出演して最終6位でFromis9のメンバーとして参加しました。

    『SIXTEEN』で脱落した後、それでも再起に成功したのはソミとジウォンだけです。

    JYPエンターテイメントは歌謡界で入社は簡単でもデビューは難しい会社として定評があります。大型の企画会社のうち、JYPエンターテイメントの練習生になることは比較的容易だという意味です。歌やダンス、ルックスの3つのうち一つだけでも目に留まればスカウト対象になります。練習生になると、数年後にデビューするという約束はされませんが、教育は体系的に行ってくれるため、公開オーディションにものすごい群衆が集まったりします。

    練習生は歌、ダンス、演技、外国語はもちろん読書、人格教育に性教育まで受けます。毎月月末の評価後に実力が伸びる姿を見せなかったり、会社のコンセプトに合わないと判断された場合は容赦なく退出させます。トレーニング期間も長いと悪名が高いです。Wonder Girlsのソネは7年、miss Aのミンは8年、TWICEのジヒョは10年間、練習生として過ごしました。

    2001年、SBS『英才育成プロジェクト99%』に出演してパク・ジニョンに抜擢されたシンガーソングライターのG.Soul(本名キム・ジヒョン)はJYPエンターテイメントでなんと15年間の練習生生活を経た後、2015年にデビューアルバムを出しました。デビューしたもののすでに歳をとっていたため、残念ながら旺盛な歌手活動をする前に軍隊へと行くことになりました。

    JYPエンターテイメントでデビュー組に入り、夢に描いたデビュー舞台に立つことがこれほど難しいため、中小の芸能事務所の誘惑に負ける練習生たちもかなり多くいます。JYPエンターテイメントの練習生出身という事実は中小の事務所では自慢になるキャリアだからです。

    JYPエンターテイメントから離れた歌手や俳優はすごく多くいます。この中で、JYPエンターテイメントにてデビューした芸能人はJYPエンターテイメントを離れる前、すでにある程度の認知度を固めた状態のことが多くあります。もちろん、さらに人気を得た人もいなくはありませんが、ごく少数です。パク・ジニョンのそばを離れてから全盛期を過ぎた歌手が多いと見るほうが正しいのでしょう。パク・チユン(朴志胤)、god、リャンヒョンリャンハ、さらに歌手RAIN(鄭智薰)までJYPエンターテイメントを去った後、全盛期に比べて人気が落ちた感じが強いです。

    これはJYPエンターテイメントにいながらパク・ジニョンのプロデュースに強い影響を受けたためと思われます。このような意味からすれば、JYPエンターテイメントを去った後、最も成功した芸能人としては、JYPエンターテイメントの首席作曲家出身のパン・シヒョク(房時爀)が最も成功したと言えるのかもれいれません。

    • 防弾少年団をプロデュースしたJYPエンターテイメントの首席作曲家出身のパン・シヒョク



    JYPエンターテイメントを去り、BigHit エンターテインメントを設立して独立したパン・シヒョクは当代最高のグループ防弾少年団を誕生させたのですから、JYPエンターテイメントを離れたことは良い選択だったと言えるでしょう。

[img3]イ・ナウン[/img1]

2年8カ月のあいだJYPエンターテイメントの練習生として過ごし、JYPエンターテイメントを去った後は独学で演技の練習をして、DSPメディアにスカウトされてAPRILに最後に参加しました。

『SIXTEEN』が終了して7人の合格者が発表されました。SIXMIXのメンバーの中では、ミニョンを除いたナヨン、ジョンヨン、サナ、ジヒョは当然サバイバルを通過ました。初放送から最後の放送までナヨン、ジョンヨン、サナ、ミナ、ダヒョン、チェヨン、ツウィは1~7位のあいだで順序だけ少し変わるだけで安定した人気を得ました。コンテストに参加した残りの9人のうち7位に一度でも進入した練習生はソミが唯一です。

ファン投票で順位が決まるというものの、見方を変えればデビューが予定された7人のメンバーはすでに選ばれた状態だったわけです。(最終7人はナヨン、ジョンヨン、サナ、ジヒョ、ミナ、ダヒョン、チェヨン。ツウィは優れた美貌、モモは優れたダンスの実力のおかげでαとしてTWICEに参加)

ミニョンは『SIXTEEN』が終わった後、JYPエンターテイメントを退社、大学実用音楽科に進学しました。パク・ジニョンの評価通りにガールズグループではなく、アーティストの道を歩むことになるかもしれないですね。

『SIXTEEN』の参加者のうち比較的年齢の高かったジウォン(パク・ジウォン / 1998.3.20)はJYPエンターテイメントからのデビューが難しいと考えたのか、『SIXTEEN』が終わるとすぐにJYPエンターテイメントを去り、一時期音沙汰がありませんでした。その後、Mnetの『アイドル学校』に出演して最終6位でFromis9のメンバーとして参加しました。

『SIXTEEN』で脱落した後、それでも再起に成功したのはソミとジウォンだけです。

JYPエンターテイメントは歌謡界で入社は簡単でもデビューは難しい会社として定評があります。大型の企画会社のうち、JYPエンターテイメントの練習生になることは比較的容易だという意味です。歌やダンス、ルックスの3つのうち一つだけでも目に留まればスカウト対象になります。練習生になると、数年後にデビューするという約束はされませんが、教育は体系的に行ってくれるため、公開オーディションにものすごい群衆が集まったりします。

練習生は歌、ダンス、演技、外国語はもちろん読書、人格教育に性教育まで受けます。毎月月末の評価後に実力が伸びる姿を見せなかったり、会社のコンセプトに合わないと判断された場合は容赦なく退出させます。トレーニング期間も長いと悪名が高いです。Wonder Girlsのソネは7年、miss Aのミンは8年、TWICEのジヒョは10年間、練習生として過ごしました。

2001年、SBS『英才育成プロジェクト99%』に出演してパク・ジニョンに抜擢されたシンガーソングライターのG.Soul(本名キム・ジヒョン)はJYPエンターテイメントでなんと15年間の練習生生活を経た後、2015年にデビューアルバムを出しました。デビューしたもののすでに歳をとっていたため、残念ながら旺盛な歌手活動をする前に軍隊へと行くことになりました。

JYPエンターテイメントでデビュー組に入り、夢に描いたデビュー舞台に立つことがこれほど難しいため、中小の芸能事務所の誘惑に負ける練習生たちもかなり多くいます。JYPエンターテイメントの練習生出身という事実は中小の事務所では自慢になるキャリアだからです。

JYPエンターテイメントから離れた歌手や俳優はすごく多くいます。この中で、JYPエンターテイメントにてデビューした芸能人はJYPエンターテイメントを離れる前、すでにある程度の認知度を固めた状態のことが多くあります。もちろん、さらに人気を得た人もいなくはありませんが、ごく少数です。パク・ジニョンのそばを離れてから全盛期を過ぎた歌手が多いと見るほうが正しいのでしょう。パク・チユン(朴志胤)、god、リャンヒョンリャンハ、さらに歌手RAIN(鄭智薰)までJYPエンターテイメントを去った後、全盛期に比べて人気が落ちた感じが強いです。

これはJYPエンターテイメントにいながらパク・ジニョンのプロデュースに強い影響を受けたためと思われます。このような意味からすれば、JYPエンターテイメントを去った後、最も成功した芸能人としては、JYPエンターテイメントの首席作曲家出身のパン・シヒョク(房時爀)が最も成功したと言えるのかもれいれません。

  • 防弾少年団をプロデュースしたJYPエンターテイメントの首席作曲家出身のパン・シヒョク



JYPエンターテイメントを去り、BigHit エンターテインメントを設立して独立したパン・シヒョクは当代最高のグループ防弾少年団を誕生させたのですから、JYPエンターテイメントを離れたことは良い選択だったと言えるでしょう。
  • Lim, Chul
  • 入力 2018-08-28 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄