Q.日本の歌が原曲である歌の中で韓国で人気があった歌を教えてください。(9)

답변게시판
A. 私たちが、ほぼギリギリで公演時間直前に到着したにも関わらず前の座席はかなり埋まっているように見えたが一番上の後の座席が所々空いていたので何度も後の方を見ながら心配していたがコンサートが始まるとすぐに照明が消え、空席を隠してくれたので安心した。

公演が始まると、驚愕するほどの素晴らしい歌唱力とビートとダンスが続き鳥肌が立つほどだった。

観客も私もじっとしていられないほど楽しくて、クラブに来たかのように立ち上がって拍手しながら体を揺らした。
(中略)

「本当にありがとうございました!!」と挨拶をしたので終わるのかな?と思った瞬間、観客のアンコールの声とMISIA!!と呼ぶ声に「もう一曲歌います」と言いS.E.Sがリメイクした『つつみこむように』で驚異の歌唱力をもう一度見せてくれました。

2008年9月、オリンピック公園フェンシング競技場で開かれたMISIA(伊藤美咲)のコンサートに行ってきたファンの感想です。

5オクターブを行き来する豊富な声量とソウルフルなボーカル、MISIAは韓国でも十分有名な歌手でした。

トップクラスの韓国歌手に比べて数は多くなかったですが、情熱的なファンも保有していました。だから感想を書いたファンのように公演会場の空席を見て残念がり、空席がMISIAの公演を台無しにしないか心配したのでしょう。

全盛期が少しすぎてからアジアツアーの一環で韓国に来たので、歌唱力が落ちたのではないかと心配したり、全盛期時代の姿を見られなかったらどうしようという心配をするファンも少しいました。しかしこの日、MISIAの公演はそのような心配を一気に吹き飛ばしてしまいました。

ライブでは、決して揺るがない歌唱力でMISIAは韓国ファンの心をわしづかみにしました。

MISIAは本来そのような歌手です。

背が低くてビジュアルも普通ですが、歌唱力一つで愛された歌手です。日本の女性歌手の中では珍しい200万枚のアルバムが売れたシングルアルバム『Everything』は韓国でも人々を感動させました。

韓国ではパク・ジョンヒョンがMISIAと肩を並べますが、MISIAのファンたちの反応は「何を言ってるんだ」と比較自体を拒否します。

MISIAの代表曲の中で韓国でリメイクされた歌では先ほど紹介した『つつみこむように』が最も有名です。2000年に3人組ガールグループS.E.Sがリメイクしました。

S.E.Sは日本活動により韓国で長期の空白期間を持った後、1年2か月ぶりに『つつみこむように』がタイトル曲として入っている4thアルバム『A Letter from Green Land』を発表しましたが、このアルバムはアイドルからアーティストに急成長したという賛辞を受けました。

MISIAの原曲に比べて、少しレベルが落ちるという評価があったりしましたが、『つつみこむように』は空前のヒットを記録しました。8個のテレビ歌謡チャートで同時に1位を占めて、SBSを除いた7個の地上波とケーブル放送音楽番組で3週間、1位を守りました。G.O.Dに押されて毎回2位に留まっていたつらさを一気に吹き飛ばしたので、本当にリメイクしてよかったです。

2002年にリリースしたアルバム『Greatest Hits』の収録曲『果てなく続くストーリー』をソウル・ミュージックの大家、MK(キム・ヒョンジョン)が『Memories』という題名でリメイクし、Beegaは2004年に『忘れない日々』、『Believe』、『Everything』などのカバー曲が入ったアルバムをリリースしました。

『君だから』という題名でリメイクされた『忘れない日々』はカラオケで時々、挑戦する人がいるほど有名になりましたが、Beegaという歌手自体が別に人気がある方ではないので、『つつみこむように』ほどのヒットは発揮できませんでした。

  • MISIAのリメイク曲が入ったBeegaのデビューアルバム

  • Lim, Chul
  • 入力 2019-02-12 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄