Q.韓国で女性運動の起爆剤になった事件はありますか?

답변게시판
A. 1979年8月11日朝2時。

2000人の警察がソウル、麻浦(マポ)区、桃花(トファ)洞にある新民党本部を囲む作戦が行われました。作戦名101の警察の鎮圧作戦の目標は新民党本部で三日間座り込み中の180人余りのYH貿易の女工でした。

二十歳前後の女工は前日の夜11時30分に自分たちの要求が貫徹されなければ一歩も退かないし死も恐れないという決議文を採択して落ち着いた後でした。

警察に対抗する方法がなくて下着姿でデモをしました。若い女性が服を脱げば、戦闘警察は最小限の良心があれば女性の体に触れないだろうという純粋な女工はたったの23分で連れていかれました。

女工1人に警察が4人以上もくっついたので抵抗する暇もありませんでした。


警察は23分で女工を守ろうとしていた新民党国会議員と職員、党員、取材中だった記者たちまで無差別に殴りました。この過程でYH労組執行委員である21歳のキム・ギョンスクが死亡し、新民党パク・クォンホム代弁者は肋骨が折れて顔が潰れる重傷を負って、パク・ヨンマン議員も脚が折れました。

労組支部長チェ・スンヨン、事務長パク・テヨン、副支部イ・スンジュはすぐに国家保衛に対する特別措置法違反で拘束され、残りの女工は強制的に帰されました。キム・ヨンサム総裁も上道(サンド)洞の自宅まで警察に引きずられて行く侮辱を受けました。YH貿易の新民党本部の座り込みを背後で操ったという疑いでイン・ミョンジン、ムン・ドンファン牧師、イ・ムニョン前高麗(コリョ)大学教授、詩人コ・ウンなど8人の在野も拘束されました。

この日、警察に殴られて亡くなったキム・ギョンスクは典型的な農村出身の女工です。早くにお父さんを亡くして、未亡人の母と共に弟妹たちと一緒に暮らしていたギョンスクは小学校6学年の時から工場で仕事をし始めました。

小学校を卒業してソウルに上京してきたギョンスクは下請け業者を転々として3年後にYH貿易に入社しました。従業員が4000人もいる大企業で仕事をすることになったと感じたのも束の間、状況は下請け業者と同じでした。

1966年、従業員10人の小さな業者として出発したYH貿易はかつら特殊に力づけられて急成長を繰り返し、3年で面牧(ミョンモク)洞に大きな工場を立てて移転し1000万ドルの輸出実績を上げて韓国最大のかつら業者になりました。チャン・ヨンホ代表は産業勲章までもらいました。

会社と経営者の光栄、その裏には女工に対する搾取がありました。寮に産業付属中学校まで、それらしく建てましたが、寮は24時間労働を可能にさせる装置であり、学校は黙って生きろという足枷でした。残業が絶えず続き、夜勤、特別勤務で女工の人生は言葉にできないほどでした。居眠りできないように冬に窓を開けて冷たい風が入ってくるようにしたり、それでも居眠りするならば強制的に覚醒剤を飲ませたりしたのです。

当時の統計では1週間の労働時間が54.6時間に指定されていますが、女工の実際の労働時間は98時間、時には100時間を越えたりもしました。給与体系が女工同士、チームを作って、チーム別に請負を与える形だったため、儲けるためには疲れた体を再び動かすしかなかったのです。

そのように仕事をして受け取った給与が平均28,805ウォンで当時の最低生計費(32,000ウォン)を全然満たしていませんでした。繊維産業の従事者の中で男性は、ほぼ全員月に7万ウォン以上をもらいましたが、女性労働者の中で7万ウォンを超えた人は、4.4%に過ぎなかった時期でした。女工はこのような薄給さえ生計費とお兄さんと弟の学費を支援するために故郷に送金しました。

YH貿易、事業主チャン・ヨンホはアメリカに現地法人を立てて輸出代金を遅延させたり、ピンハネするやり方でお金をこっそり使ってホテルとデパートに投資し、賞与金に充てる予定だった10億ウォンで海運会社を立てて電子会社も買収しました。

かつら産業が衰退しながら事業をたたむ時期だと判断した企業主に女工は面倒な存在だったのです。 工場の地方移転、偽装休業などで女工が去るように誘導しました。相当数の女工は工場の門を出ましたが、彼らを受け入れる場所はありませんでした。時には居酒屋や売春街に流れていきました。

  • 家政婦から女工、売春婦になっていく女性の屈折した人生を描いた映画-ヨンジャの全盛時代



そのような同僚を思って工場に残った女工はこのような歌を歌いました。

あの日の夜、劇場の前で
あの駅前のキャバレーで
見たという
うわさで聞いたスンヒ
灯蓋の近くで夜を明かして糸巻きをしていたスンヒが

-エレナになったスンヒ.

1978年3月末、会社は正門の前に休業広告を貼りつけて最後の通告をします。労組は廃業を撤回して企業正常化、銀行管理企業引き受け、生計対策を要求して座り込みを行ったのです。

男性社員が全員離れた後、会社は寮の水と電気も切ってしまいました。このような状況でも女工は闘争を続けましたが、誰も彼らの声を聞かなかったのです。

最後の手段として新民党本部を占拠した後にメディアは女工の話を扱いました。

  • 自分たちの話が載せられた新聞を持ち上げて喜ぶYH貿易の女工たち



YH貿易の女工の抵抗は警察の無慈悲な暴力で終わりましたが、彼女たちが起こした火種は維新政権が没落する導火線に火をつけました。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-02-27 00:00:00.0

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄