Q.早死にした韓国の芸能人③…20代、自殺で大衆のもとを去った芸能人

답변게시판
A. とても若い歳で、しかも芸能人として大衆から愛されていた時期に、自ら命を絶ったとすれば疑われて当然でしょう。

13歳という幼い歳で、ランウェーに立ったファッションモデル、キム・ダウルは2009年11月、フランス、パリの自宅で亡くなったまま発見されて衝撃を与えました。当時20歳のキム・ダウルはモデルの仕事だけでなく、美術展示会も開いて、写真集も出したうえにシャネルの広告を撮影するなど、活発的に活動していました。ミニ ホームページに不眠症、現実と理想のギャップなどの心境を吐露しましたが、周りで自殺の兆候を感じた人は誰もいませんでした。

ハン・ヘジンなどと共に当時、韓国の代表的なモデルだったキム・ダウルは8歳からシンガポールで育ち英語、中国語、フランス語、韓国語など4つの言語が堪能な財源でした。幼い頃からグロテスクな悪夢をよく見て苦しんでましたが、それを趣味として受け入れることにしたそうです。2007年ニューヨークに進出した後、ほぼすべてのビックショーを渉猟しました。2009年、テレビに出演してパリに立派な家を購入したし、子犬もいてとても幸せだと話してました。しかし、その年が終わる前に亡くなった姿で彼氏に発見されたので本当に残念です。死亡してから5日後に所属会社は、「自殺に間違いない」と確認しましたが、疑惑はしばらく続きました。

ボーイズグループSPECTRUMのラッパー、キム・ドンユン(1998.6.3 - 2018.7.27)の死も、同じようにファンたちを当惑させました。

YGのオーディション番組『MIX NINE』に参加してファンを作り始め、2018年5月には、7人組グループ、SPECTRUMとしてデビューして翼をちょうど開き始めました。それなのに、デビューしてから2か月後に亡くなるなんてありえますか。それに、数日前が満20歳の誕生日でした。

死亡する前日まで、SNSで近況写真まで見て疎通したファンたちは、突然の死の便りをすんなりと受け入れ難かったようです。家族も信じ難かったのか、死因を究明するために解剖検査を実施しましたが、解剖検査の後も遺族の意志により死因は発表されませんでした。妹は「私のお兄ちゃんは、背も高くてものハンサムだった。だから、天国で嫉妬したようだ。それでも21歳なのにひどい」という文を残しました。

2010年、映画『タッチ~終わりなき絶望~』でデビューした女優のカン・ドゥリ(1993.1.28 - 2015.12.14)は、インターネット放送にも関心を持って2013年からアフリカTVでもBJでキャリアを積み上げていました。

元々、明るくて気さくな性格なので他のBJとも仲よく過ごしていました。しかし、忙しいスケジュールで2015年11月12日を最後にテレビ出演を辞めました。その日「もう少ししてから会いましょう」という短い挨拶で、すぐに帰ってくるという意向を示しました。

しかし、1か月後の12月14日の明け方練炭を燃やして現生の人生を終わらせてしまいました。わずか三日前に「来週に戻ってくる」という公示を残したのでファンたちは心から驚いたでしょう。ファンたちは、疑惑を提起しないわけにはいきませんでした。

遺書がなくて、練炭は自殺より自殺に見せかけるのに使われやすくて、最初は交通事故という記事が載って突然自殺事件に変わった情況などを理由に芸能界の不正と関連があるという疑惑が起こりました。ワールドトゥデイは捜査警察の言葉を借りて「自殺する直前、友達にメッセージで自分が死ななければならない理由と、その理由を提供した人物、その人物が交通事故という誤報が出るように圧迫した」と報道しましたが、警察はうつ病による自殺として捜査を終結しました。

ソジンの自殺の知らせは、セウォル号聴聞会が開かれる12月14-16日の三日間、何と1,000個を越える記事(Naver基準)が、あふれ出ました。朴槿恵(パク・クネ)-崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件以後、その人物がチェ・スンシルだと明らかになりましたが、ソジンの自殺に関するミステリーは解けにくいように見えます。

2人組DEUXのメンバー、キム・ソンジェ(金成宰、1972.4.18 - 1995.11.20)の死は今でも疑惑に包まれています。

幼い頃から様々な国を行き来して育ったおかげで自由奔放な性格、優れたダンスの実力、ネイティブレベルの英語と日本語を駆使する能力、優れたファッション感覚、キム・ソンジェは、1990年代、10~20代のアイコンでした。広告主が彼を使うために百方手を尽くして努力したほどです。

1995年7月コンサートの後、DEUXが解散してから、その年の11月19日、SBSの生放送を通じてソロ歌手としてデビューした次の日、キム・ソンジェは生涯を終えました。その日の午前7時に泊まっていたソウル弘恩洞(ホンウンドン)、スイスグランドホテルでマネジャーによって冷たい死体で発見されました。

発見当時、彼の腕と胸には28個の注射の跡がありましたし、死体からは動物麻酔剤「ゾラゼパム」が検出されました。このため、一部誤った報道のせいで彼の死が自殺や薬物中毒による死亡だと誤解する人もいます。

有力な容疑者として指定されたキム・ソンジェのガールフレンドは、第一審で無期懲役を宣告されましたが、第二審と第三審を経て最終的に無罪判決を受けました。無罪に変わった要因は、証拠不充分でした。 他の見方をすれば検察と警察の失敗です。

キム・ソンジェの死亡事件は2017年KBS JOYの『チャートを走る男』で嘘のような世紀の疑問死9位に挙げられたし、SBSドラマ『サイン』はこの事件をモチーフにしたエピソードを放送したりもしました。

5年以上、アイドル歌手としてデビューすることを夢見て練習生生活をしてたアン・ソジン(1992.5.25 - 2015.2.24)が自分が住んでたアパートの10階から投身自殺した事件は、韓国の芸能界の非情な断面を見せています。
ソジンは、『KARA PROJECT-KARA THE BEGINNING』に参加しましたが、デビューメンバーに選ばれませんでした。KARAから除外されたDSPメディアの練習生と共にAPRILでデビューすると推測されたし、実際にファンたちから 一番人気もありました。

猫の耳がアン・ソジン、ミニーマウスは女優のユ・ヘイン、ウサギの耳がガールズグループ「GFREND」のソウォン

しかし不幸にも「清純」を追求するAPRILのコンセプトとソウォンは似合いませんでした。『KARA PROJECT-KARA THE BEGINNING』でもスタイルを担当するほどソジンは、「セクシー」な女性でした。コンセプトが合わないだけでなく、APRILメンバーの歳が1996-2001年生まれで、ソジンと年齢差が結構あるという点もDSPとしては負担だったのでしょう。デビューを応援するファンたちの雰囲気とは違ってDSPはソジンとの契約を解約してしまいました。他の芸能企画会社に紹介する配慮も施しませんでした。

昼間にはアルバイト、夜には練習生として過ごして、5年間他の練習生がデビューする姿を見守らなければならなかったソジンとしては絶望的だったのでしょう。ソジンが22歳の短い生涯を終えた日、DSPメディアはすでに1か月前に契約を解約をした状態だと解明しただけでした。
  • Lim, Chul
  • 入力 2019-07-08 00:00:00

Copyright O2CNI All rights reserved.

目錄